FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We Came to Take Your Jobs Away

最近のお気に入りバンドKultur Shock(公式サイト)の最新アルバム“We Came to Take Your Jobs Away”がとてもイイです。

相変わらず怒涛のなんじゃこりゃミクスチャーって感じで。楽し。一発目の「オッパー」から激しく勤労意欲が失せて、聴き続けてるとヤバイです。なんなんだこのおもしろさは。CDジャケットが便所でキュッポンっていうのも庶民的でイイっすねー。どんな歌でも一緒に歌わないと気が済まない人間としては、今回、歌詞カードがついてたのもうれしい。しかし、それでも難易度高いわ。キリル文字なんか使ってる時点で読めないし。

また変なモノにはまってるようだがKultur Shockって何?という話になると、知らない人に説明するのはかなり難しい。CDをiTunesに入れたら“分類不可”(Unclassifiable)というジャンル(?)が出てきて笑ったんですが、確かにオンリーワンすぎて他に比べられるものがないし、うかつに人に薦めると変な人だと思われてしまうリスクが…(いや、確かに変な人かもしれませんが)。とにかく、“まぜるな危険”の表示をあっさり無視してあらゆるジャンルを特濃でミックスした、騒々しく、しつこく、ばかばかしく、イロモノの匂いを濃厚に漂わせながらもきっちり反骨精神に溢れた、要するに超私好みの音楽なんですねぇ。最初に知ったのはたまたまネットで試聴してなんだけど、数十秒聴いてCDを即買い。いきなり「モシモシカメサン、カメサンヨ~」と摩訶不思議なヤパンスキ(ニホンゴ)が聞えてきた時の“文化衝撃”。スカーンとやられました。

バンドとしても、なんかやたら好感が持てるんですよね。プロフィールとか、インタビューとかがいちいち非常におもしろくて共感できます。一応、シアトル基盤のアメリカのバンドなんだけど、メンバーの出身地はワールドワイドにばらばらで。リードボーカルとギターがボスニア出身らしいんだけど、ひとりはセルビア系、ひとりはクロアチア系という俄かに信じられないようなコンビネーション。ボーカルのジノさんていう人は今でこそアレですが、若い頃は相当チャラいポップ系シンガーだったそうで、そのへんを自分の恥ずかしい過去として自虐ネタに使ってる好人物です。ギターのマリオくんは、なかなか私好みの男前。(ジャケでキュッポンしてる彼。)さらに、もうひとりのギターはブルガリア、ベースはなぜか日本出身の人。歌詞も多様で、英語(思いっきり巻き舌のバルカン・イングリッシュ)とセルビア/クロアチア/ボスニア語をベースに、ロマニ語、スペイン語、フランス語、アラビア語、そして衝撃の日本語…もう何でもあり。

ライヴとか、楽しそうで羨ましいんですよ。来日、ないんですかね。まずないんでしょうね。そんなよくある自問自答も寂しいんで、仕方なく家でワインとか飲みながら(本当はラキヤ飲むのがいいんだろうなー)、聴いて踊って「オッパー」と悦に入ってます。そんな私も私だが、一緒に飲んでる時にさりげなくCDかけてみたら「モシモシカメサン」にすら動じることなく平然と無反応で飲み続けた友人もなかなかスゴイと思う。

We Came to Take Your Jobs Away We Came to Take Your Jobs Away
Kultur Shock (2006/10/10)
Koolarrow Records

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/98-b81f83c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。