Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ローズ・イン・タイドランド」

テリー・ギリアム監督の「ローズ・イン・タイドランド」(Tideland:2005年米)を観た。怪作。

あのつまんないハリウッド味の大作「ブラザーズ・グリム」の後に作った低予算作品というから、きっとギリアム、鬱憤晴らしてガハガハ笑いながら好き放題やったんだろうな、と期待して観に行くことにしました。期待してって、ダークでシュールでぷぷっと笑えるやつを期待してたのね。

ところがギリアムさん、泣かせやがったよ。なんちゅうことしてくれはるんですか。

ジャンキーの両親を亡くした少女ジェライザ・ローズが見た、過酷な現実→狂気のファンタジーの世界。序盤、バケモノとしか形容できない母親のジェニファー・ティリーと、粗大ゴミとしか形容できないロケンローラー気取りの父親ジェフ・ブリッジス(“ことぶき”って何やねん)が出てきた瞬間、「ラスベガスをやっつけろ」のノリを期待してしまったのだけど、そういう映画ではなかった。(余談ながら、ジャック・スパロウしか知らないでジョニデなどと騒ぐお嬢さん方に、ラスベガスをやっつけてるジョニデさんをなすりつけてやりたい意地の悪い衝動に駆られる今日この頃。)クズな親を持った不幸な子どもが、どんなヤバイ現実を生き抜くことになるかを、子ども視点で描いたお話。

きれいごとを言うつもりはないが、映画でも何でも、何が嫌いって、むやみに子どもを傷つけたり不幸にする話ほど嫌いなものはない。いたいけな子どもを被害者にして同情を誘うところが許せないと思うんだけど、もちろんこの映画は、そんないやらしさとは無縁どころか、そういう偽善を嘲笑うような展開だった。ギリギリの状態でも逞しく生きていく子どもの強さに絶対的な信頼を置いて、大人のだらしなさや社会の腐ったところを痛烈に風刺する、けしからんほどしたたかな作り。世の中のヤバさをシュールに笑い飛ばすセンスはさすがモンティ・パイソン。

でもね、それでも私は途中から笑えなくなったのよ。メルヘンな情景の中でグロいイマジネーションで遊びながら、バービー人形の頭を唯一のお友だちにして「あたしは幽霊」と言う女の子のいる現実が辛くて。現実的に言うと、ジェライザ・ローズは典型的なNeglected child。お腹も空かせているけれど心の飢えの方が深刻で、そういう子に手を差し伸べるまっとうな大人がいない社会は本当に病んでいる社会なんだと思う。ここまで極端じゃなくても、似たような境遇の子はきっとたくさんいるんだよね、アメリカにも日本にも。ぶっ飛んだギリアム作品でこんな社会派メッセージみたいなことを言うのはおかしいかもしれないが、ギリアムの狂気の奥には現実社会を厳しく見据えた正気があると思うんだ。

ジェライザ・ローズ役のジョデルちゃん(当時9歳)がまた、憎たらしいほど上手くて、そのリアルさに泣けた。自分が孤独な子どもだったというつもりはないけれど、子ども特有の閉ざされたファンタジーというか、そういう世界には痛いほど覚えがあるし。

映像は繰り返し堪能したいほど素敵でも、切なくてもう二度と観られないかも、結末によっては、この映画一生のトラウマになってしまうかもと思っていたところ、最後はすごい展開になって、とってもきれいなその締め方に、すげーなギリアム、と改めて涙。たとえば9.11後の光景なども連想させるその展開は、今のアメリカを非常によく表わしているようで、久々に映画でこんな圧倒的なパワーを見せつけられた感じがして、私はなんだかすっかりやられてしまって、放心状態のままエンドクレジットを眺めていたのでした。
スポンサーサイト

コメント

見れませんがジョデルちゃんつながりで

「サイレントヒル」の演技も演じ分けがすごかったです。
こっちもある意味ダーク・ファンタジーで、義理の母に甘えるあどけない愛くるしい少女から実の母親達に追い詰められ分裂した悪魔的な表情まで自由自在に演じてました。これからの作品が楽しみな女優さんですね。
 ローズは結末が悲惨そうだから見たくないなと思ってましたがこちらを読んでDVDが出たら見てみたくなりました。
 関係ないですがディズニーチャンネルで「ラマだった王様」がやってます。王様とクロンクに加え世話焼き美少女一人がいる学校の校長がイズマのどたばたコメディ。もういいよ、と思いつつもラマ2も大好きな子供は喜んで見てます。

  • 2006/07/29(土) 12:26:56 |
  • URL |
  • ラシード #-
  • [ 編集 ]

ホラー映画は観ないので「サイレント・ヒル」は観ていませんが、ジョデルちゃんは末恐ろしい子ですね。しゃべり方とか、どことなく「リロ&スティッチ」の頃のダヴェイ・チェイスを思い出しました。あの子もホラー系だったし。
「タイドランド」は、結末に至るまでが見方によってはかなり悲惨です。結末も、受け取り方は様々かも…。好き嫌いのはっきり分かれる映画でしょうね。
「ラマだった王様」…原題が"The Emperor's New School"でしたっけ。もういいよ、というのが解る気がしますが、マーク・ディンダル監督あたりは喜んで見てる気もします…。

  • 2006/08/01(火) 22:42:35 |
  • URL |
  • Nao #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/86-df6b14e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。