FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aloha Heaven Live

そろそろ日本でもハワイアンミュージックが賑やかになってくる季節。愛知万博のハワイフェスティバルのためにナレオ(Na Leo Pilimehana:公式サイト)が来日していることを知ったので、東京でも何かやってくれそうな気がして調べてみると、ビンゴ!ビクター主催イベントでエイミー・ハナイアリイと共に無料ライブをやるとの情報が。というわけで本日、生ナレオを見るべく丸ビルに行ってきた。

会場のイベントスペースはなかなかの盛況。この手のイベントに行ったのは初めてだったが、アロハやハワイTシャツを着ている人が多くて、独特の雰囲気だった。(まあ、ディズニーイベントでキャラTシャツやぬいバッジを身に着けた人が集結するのとおんなじようなもん?)

最初に登場したのはエイミー・ハナイアリイ。彼女の曲は、以前スタバのハワイアンCDに収録されていた“Rock A Hula Baby”のハワイアンバージョンくらいしか聴いたことがなかったのだが、伝統的なハワイアンナンバーがしみじみ良かったのでこれからハマりそう。堂々としたルックス、パワフルな歌声で、話すと気さくな感じなのも素敵だった。
blog4.jpg

エイミーが数曲(知らないばっかりにこんな書き方しかできなくて申し訳ない)歌った後、ナレオに交代。スターの貫禄たっぷりだったエイミーと対照的に、ナレオの3人は、そのへんにいそうなお母さんたちって感じ。初めて見た生ナレオだったが、あまりにもイメージそのまますぎて、なんだか昔から知ってる人たちみたいな錯覚に陥ってしまった。

歌ったのは、“North Shore Serenade”“I Miss You My Hawaii”“Local Boys”“Flying With Angels”“Pineapple Princess”“Hawaiian Lullabye”の6曲。確か。最新のベストアルバムに収録された曲が中心で、古い曲を含め、代表的なナンバーばかり聴けてなんとも贅沢な気分。欲を言えば、ハワイ語の曲も1曲くらい聴きたかったかな、とは思うけど。

とにかく、あのハーモニーを生で聴けただけで感動ものだったのだが、一番感激したのは“Flying With Angels”を歌ってくれたこと。歌う前にも「一番人気の曲」と紹介されてた通り、私も、ナレオの中でどうしても1曲だけお気に入りを選ばなくちゃいけないとしたら、これにする。無償の愛を歌った究極の癒しソング。個人的にはどこか「リロ&スティッチ」とダブるところもあり、聴く度にじーんとしてしまうのだ。“他のみんながあなたを見捨てても、私はそばにいる”“夢の中で天使と一緒に飛んでいけるよ。落っこちても大丈夫、私がここにいて受け止めてあげるから…”ていうあたり。泣ける。

それにしても、ナラーニがしゃべっていると、アンジェラが横からツッコミを入れてレフアがウケまくったりとか(「こんな連中と21年間もやってるのよ!」by ナラーニ)“Pineapple Princess”でナラーニのパートに合いの手を入れるところが恥ずかしいのか激しく照れながら歌うアンジェラとレフアとか、とても20年以上のキャリアを持つハワイNo.1グループとは思えない初々しさが、さすがナレオ、やっぱりナレオ(笑) ほのぼの癒されるひとときでございました。
blog5.jpg

会場でCDを買うとサインをもらえるサービスもあり、満足(^^)その後、夕方から2回目のステージもあったようだが、イクスピアリで映画を観る予定があったので退散した。(映画の話は後日。)
blog6.jpg

Mahalo Amy, Mahalo Na Leo!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/8-afc5c63a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。