Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チキン・リトル」DVDレビュー

チキン・リトル」がディズニー史上おそらく最速でDVD化。早くなったのはうれしいけれど、正直早すぎじゃない?公開から大して待たないでDVDで観れるのなら、映画館に行って観る価値が薄れるというか…。まあ、ホームシアターの普及などを考えれば、映画の鑑賞方法自体が変わってきているということかな。「チキン・リトル」本編では、オールドファッションな映画館が何度も出てきて、けっこう大事な意味を持っているんだけど。

この作品、DVDで改めて細かく観ると、なかなか侮れないです。映画館では大げさなSFシーンや子どもっぽいキャラクターに隠れて見えてこなかった部分で、ちょっとした発見があったり、ちょっと考えさせられたり、おもしろい。マーク・ディンダルの映画は「ラマになった王様」もそうだったけど、一度観て子ども騙しじゃんと見限った人でも、もう一度トライする価値あるかもよ。まあ、かなりディンダル贔屓の人が言ってることなんで差し引いて聞いた方がいいかもしれませんが…。

しかしこのDVD、映像特典が拍子抜けでした。日本版だけかと思ったら、北米版も同じだったみたい。20分足らずのメイキングと未公開シーンだけ(あとお約束のミュージッククリップとお子様ゲーム)って、WDFAの新作にしては扱いがチープというか、寂しすぎない?「ホーム・オン・ザ・レンジ」といい、この路線の映画はDVDの内容に力入れる必要なしと思われてるんですかね…。それとも、後からスペシャル・エディションを売り出す気?どっちにしても、うれしくない傾向。

メイキングは、3D作品で技術的なことを語られてもあまり興味持てないので、まあいいんだけど。ストーリーの変遷が激しかった作品だから、その辺をもう少し突っ込んでほしかったような。チキン・リトルが女の子から男の子に変更されたのは、アクション重視にするためと聞いていたので少し納得がいかなかったのだけど(女の子がアクションやって何が悪い?)、今回、“体が小さいことに悩むのは男の子の方だから”という理由が語られていたのは、なるほどね、と思った。

未公開シーンの、オープニング別バージョンがなかなか興味深い。ひとつは本編でダメ出しされてた、絵本を開いて始まるやつ。(ボツになったネタを再利用、さすがディンダル。)この絵本の中身が、6、70年代風のレトロな2Dアニメーションでいい感じ。オープニングにしては面白みに欠けたかもしれないけど、どこかで活かしてほしかったな。あと、朝のTVで始まる方も心に響くものだったので、カットされたのがもったいない。映画のテンポを少し落としてでもあのシーンをどこかに残した方が、父と息子の関係というテーマに深みが出たはず。

どうでもいいんだけど、メイキングに登場したマーク・ディンダルがラマの頃みたいにはっちゃけてなかったのが、少々残念でした。“So, hey!”だけかなぁ、笑えたとこ。5年という歳月の問題ですかね。すっかり落ち着いて貫禄がついたというか、なんだか映画監督っぽくなっちゃって。いやこの人、映画監督ですけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/76-65ca7368
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。