FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカンス6日目 フランス

パリ
1日フリーの日。まずはメトロを乗り継いでオルセー美術館へ。

ホテルの最寄り駅から地下に入ろうとすると、何やらすごい集団が大声をあげている。どうやら、CPE(初回雇用契約)法反対デモに向かう学生たちらしい。とりあえず回避して隣の駅まで歩いたけど、結局この日は1日、彼らと行動を共にするような感じになってしまいました。

パリのメトロは、全線料金一律だから自販機で切符を1枚買えばいいだけ。乗り継ぎも、路線ごとにカラーと番号で示されていて、東京の地下鉄なんかよりよっぽど分かりやすい気が。遅い時間帯でなければ、特に危険でもなさそう。ただ、NYのメトロなんかに比べると、やっぱりどこか薄暗いというか、ヨーロッパやなー、というアンダーグラウンドな雰囲気は漂っている。

開館直後に着いたオルセー美術館。エントランスで多少並んだものの、昨日のルーヴルを思い出せば余裕の空き具合。規模もルーヴルに比べたら全然狭いので、半日でゆっくり鑑賞するにはちょうどよかった。ここにあるのは、主に印象派の作品で、それより後のはぎりぎりマティスが1枚あったくらい。個人的には現代美術が好きなので、オルセーよりポンピドゥーセンターの国立近代美術館に行きたかったのだけれど、まあ、オルセーは基本だろうから、今回来ておいてよかったかな。改めて、パリには時間をかけて来なくては…と思ったのでした。
blg43.jpg  blg44.jpg

セーヌ川を渡り、コンコルド広場、マドレーヌ寺院を通ってオペラ・ガルニエのあたりまでぶらぶら歩き、その辺のカフェで遅めのランチ。クロックマダムなんて…軽食だと思っていたのに…ものすごいボリュームに圧倒される。おいしかったけど。

午後はお買い物。のつもりだったのだが、ユーロ高だし、友人たち共々購買意欲が全く沸かず。結局、おみやげ探しに終始してしまった。そういえば、シャンゼリゼ通りに一度も足を踏み入れなかったっていうのが我ながらすごい。とりあえず、義理のおみやげだったらモノプリ(大手スーパー)とオペラ通りの三越だけで完璧に揃うということを学びました。三越さまさま。

オペラ座付近では、大規模な学生デモ。中には真面目にCPE撤回を訴えている子もいたけど、大半はお祭り騒ぎ状態になっていた。ちょうどホテルに帰る頃、デモ隊も解散になったようで、結局またメトロが激混みに。ホテルに戻ってからテレビをつけたら、フランスの放送はもちろんBBCやCNNも今日のデモの話題で持ち切り。私たちのいた所ではそんなことなかったけれど、一部では学生側が暴徒化して危険な状態だったらしい。それにしても、この日だけで25万人が参加していたというのには驚いた。日本じゃいくら理不尽な法律ができたって、こんな規模の行動は起きないだろうなきっと。(後日談:その後、抗議行動はさらに大規模になり、CPE法は4月になって撤回されました。)

なんだか揃って胃が重いので外でディナーはとらず、ギャラリー・ラファイエットでテイクアウトのお惣菜を買ってホテルに持ち帰った。アジア風サラダとかヨーグルトとか、さっぱりしたものにようやく出会えてうれしい。ホテルの狭い部屋がますます居心地がよく思われてきたけど、明日はもう日本に帰る日だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/73-7a01f3b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。