FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラマになった王様2」

待ちに待ってなんて全然いなかったけど、トゥーンスタジオ製続編DVD“Kronk's New Groove”日本版が出ました。邦題は「ラマになった王様2 クロンクのノリノリ大作戦」…。いや、何も言うまい。わざとだろ?

というわけで最初から1mmも期待しないで観たんですが、(んだらそんなもん観なけりゃいいって気もするが、いちおう、担当範囲かなぁと思って。)ひぃぃぃぃほんとにちゅまらん…。

**以下、どうでもよさげだけどネタバレ**

ストーリーがお粗末。よくある、キッズ向けTVシリーズの最初の2本をくっつけて無理やり長編にしましたみたいな構成。(だけどこれ、TVシリーズの前座ではないんだよね…。)特に後半のエピソードはどうかと思う。不要なミュージカルシーンも目立つ。アーサ・キットの無駄遣い。しかしこの人、御年いくつになるんでしょうか?すごいよなぁ。もっとマシな歌、歌わせれば…。

ギャグもお粗末。映画「ラマになった王様」で使われたネタをひたすらリサイクルという、笑えないセルフパロディ。クロンクの右肩に天使が出てきて、はいはい、次は左肩に悪魔が出るんでしょ?と思ってると本当に出てくる。捻りナシ。「ラマ」以外の映画のパロディも出てくるが、新鮮味がない。(ただ、ターザン?と思わせてジャングル・ジョージという展開は王道ながら良し。)「ラマ」特有の不条理な笑いのセンスが欠落。際どい笑いをただの下品さに取り違えている。年寄りの裸だの脇の下なんか見せんなよ。頼むよまったく。

しかし、最後の10分(まで観続けた自分を褒めてあげたい。)、思いがけず笑える。ためてためてためて、ようやく笑いに行き着いた感あり。別にものすごくおもしろいというわけじゃないが、笑いゼロを予想していたので、ぷっと吹き出せただけで驚きです。パチャ、あんたはやっぱり偉い。

この続編で成功した点があるとすれば、主要キャラ4人の持ち味が変わっていないところだと思う。今回、主役を退いたクスコがお子ちゃま向けの注釈役としてしつこく出てくるが、こいつ、ウザイ…とうんざりしつつ、ああでも、こいつはこういうウザいキャラなんだから仕方ないや、と思えたのはキャラ勝ちしている証拠。改めて、元の映画のキャラ設定の巧みさに感心しました。逆に言うと、続編のために作られたキャラはいまいち。クロンクの恋人はひどい。人間は顔じゃなくたって、魅力的に見せる工夫は欲しいもの。声がトレイシー・ウルマンで、英国アクセントというのも違和感。

続投ボイスキャストは相変わらず素晴らしい。特にクロンクさん役のパトリック・ワーバートン。大しておもしろくもない脚本なのに、パトリックが言うだけでなんとなくおもしろく聞こえるから、さすが。出番は少ないが、デビッド・スペードの投げやりなしゃべりも健在。ジョン・グッドマンは…一瞬、風邪でもひいてるのかと思った。なんでだろ。日本語吹き替え版については、観てないのでわかりません。2回以上観る気力は沸かなかったので、悪しからず。

特典映像として、“製作の舞台裏”つき。通常、トゥーンスタジオものの舞台裏系は好きじゃないのだけど、若手監督コンビの天然にアホな感じがわりと好印象。パトリック・ワーバートンやアーサ・キットの映像を見ていると、「ラマ」ってそのまま実写でいけるよな、と思う。どうせラマなんだから何でもあり、な空気を活かすなら、そんな方面に発展した方がおもしろかったかも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/64-356d9e8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。