Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクサーとか買収とか

あちこちでニュースになってるけど、ディズニーがピクサーを買収
実現しちゃったの。へぇー。

…テンション低い感想だなぁ。でも正直、別にうれしくなかったです。

元々、ディズニーとピクサー、早く別れちゃえばいいのにと思ってたからなぁ。ピクサーの万人受け路線とは違う、今のWDFAが好きだったから。何かとピクサーと比べられたり混同されたりするのも嫌だったから。一般的には、今回の買収でピクサーが独自性を失う心配の方がされてるみたいだけど、逆だよなぁ。今のピクサーよりWDFAの方がマイノリティの独自路線だし、立場も弱そうだって。

WDFAがCGに移行した今、ピクサーとどう共存させていくつもりなんだ?WDFAを手描きアニメーション専門に戻してCGはピクサーに、と簡単に棲み分けできるなら分かりやすいけど、それは今さら無理な話。あの手描き→CGへの大リストラはなんだったんだよオイってことになる。このままだと最悪、WDFAもう要らなくねーか?という展開もなくもないかも。とりあえず、WDFAのCG長編作品は少なくとも数作は製作中なわけだし、特に2008年に「アメリカン・ドッグ」が控えてることを考えると、今回のことで影響が出なきゃいいんだけど…。

アップルのスティーブ・ジョブズが強い発言権を持つというのも、どうなのよ。ジョブズという人は、大したビジネスマンかもしれないが、映画に関しては何も解ってない人だと思う。かつてのブラベアやトレプラに対する一方的な暴言が物語ってるじゃん。彼にとっては収益がすべてだよ。

悲観論と言われればそれまでだけど、今回の買収でディズニー映画の未来が明るくなるなんて、とても思えないんだわ。むしろ、つまんないことになりそう。

でもこんな否定的意見は世間的にナシかなーと思っていたら、そうでもないみたい。Jim Hillさんがいつになく辛口でいろいろ書いてた。
When it comes to the Disney / Pixar merger, does "Happily Ever After" come at too high a price?

そう。そうなんだよね。“This is America”って悲しいけど説得力あるよなぁ。結局、この一言に尽きてしまう世界なんだ。ピクサーという会社は、今が世間的に好意を持たれている絶頂期。トップに留まっていられるブランドなんてない。登りつめたら後は、落ちるだけです。“ディズニーは大金積んでピクサーをダメにした。あーなんてアホな企業。” そんな展開になっても全然おかしくない。

だからね。もう、いちいち興味が持てなくなってしまったわ。でかい企業が金の力であーだこーだやってることに。それはもう、映画というアートへの関心とは全く別の世界じゃん。どうでもいいや。

気にかかることっていったら、この先のWDFAで、クリス・サンダースやマーク・ディンダルが好きな作品を作っていけるのかっていう、それだけだなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/61-ded487c9

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ-偶像復活posted with amazlet on 0

  • 2006/02/05(日) 13:00:08 |
  • 独善的な読前書評
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。