FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE IS A MIRACLE DVD

先日、フランスのDVDなんて見らんない~~と騒いだ(↓)後でふと気づいたんだけど、ヨーロッパと日本ってDVDのリージョンコードが一緒なのね。じゃあ無問題かというと、そうではなくってテレビに映す時の放送方式が日本や北米のNTSCと違うPAL方式だから見れない。ん?でも、ってことはさ、PCで見る分には問題ないんでないかい??と思ってちょっと調べたら、これがいけそうなんですねー。(ただし、再生ソフトによっては稀に映らないこともあるそう)

早速Amazon.frで注文してみましたDVD版“LIVE IS A MIRACLE IN BUENOS AIRES”。とりあえずフランス語なんて一言もわかんない人間なので、無事に現物が届いた時点で注文できてたー!とバカ喜びなんですが、PCに入れてみると、ほんとに見れたーー!(歓)

(すいません、こんなこと一般常識だったのかもだけど、自分の中では大発見だったんで…)

このライヴDVD、最っ高に楽しい!とりあえず、「SUPER 8」のライヴ映像に物足りなさを感じた人、これ絶対買い!クストリッツァ作品を離れて、純粋にノー・スモーキング・オーケストラというバンドのライヴを体感するために撮られたDVDだから。途中で脱臼とか、楽屋で大ゲンカとか突然コントとかは一切映らない(笑)けどその分、120分間ひたすらカッコいいおやじたちです…たぶん。(なんでそこで弱気になる?)

ステージに出てくる時は、相変わらずかったるそうで服装もめちゃくちゃ。なんかとりあえず朝起きた時の格好のまま来ちゃいましたみたいなおっさんとかいるし…。っていうか、デヤン判事のその格好は誰がどう見てもミュージシャンじゃありませんから(笑)しかも、若手が2人抜けて、替わりに入ったのがまたギャグかと思うようなものすごいおっさんです。(ネレの弟(キーボードのおっちゃん)も不在だったけど、在籍はしてるはず。)平均年齢、飛躍的に上がったな。以前からの面々も「SUPER 8」の頃に比べて、うわー老けたなーという印象なんだけど、なんかいい年のとり方してるんだよねぇこの人たち。

そんなおやじたちがステージで演奏し始めると、途端にテンション高くなってカッコよくって、あまりのギャップが爽快。まさにライヴはミラクル!正直、彼らがここまでカッコいいとは知りませんでした。コミックバンドかと疑ったりして申っし訳ない!と平謝りたい気分。演奏といい、魅せ方といい、客の煽り方といい、本当にプロだなぁと。ただ、クストリッツァはやっぱりギターよりカメラ抱えてる方が様になってる気がしたけど…(笑)なんていうか、彼らの格好よさは、ダサ格好悪さを突き抜けた格好よさだから怖いものナシって感じなんですね。相変わらず、アクは強いしアホバカなパフォーマンス繰り広げてるから、この悪ノリがダメな人には嫌悪されそうだけど。個人的には問題ナシ、ていうかこのおっさんたちに限りもう何でもアリな心境。

また、客席の迫力がすごいんだわ。相当でっかい会場を2階席の端まで埋め尽くし、老若男女総立ちっていうか飛び跳ねてます。なんか気持ち悪いほど波打ってます。ステージに向かって花は飛んでくるし札は飛んでくるし部屋の鍵まで飛んでくるし(笑)ステージにあがってダイブし始める奴らとかいるし(あれはさくら?)すごいよブエノスアイレス…。こりゃあ、来日する時が来たら東京ドーム埋め尽くすくらいはしないとまずいよ。

ちょっとばかり、真面目な話。今まで全く知らなかったノー・スモーキングというバンド(というか、それ以前のZabranjeno Pušenjeというバンド)の歴史を探ってみると、これが知れば知るほど複雑で、バカ楽しいステージからは想像もつかないくらい、やり切れない気持ちになるんですね。(旧ユーゴのあのへんの事情は、簡単に理解しようなんてとっても無理で、同じことが書く人の立場で全く違った印象に書かれてたり、そもそも英語で書かれたものしか読めない時点で自分の情報源が偏ってるのかもしれなかったりするんだけど…。)10代の頃から、たびたび国家の圧力を受けながらもパンクやり続けたネレと仲間たち。国が崩壊して、仲間がバラバラになって、故郷にいられなくなって、移り住んだ街がまた爆撃されて…信じらんないくらい重い現実があったんだな。ワールドバンドとして成功した今の彼らについて、賛否両論はあるんだろうけど、そういう重さをすべてバカ明るいエネルギーに変えてしまう音楽って、ホンモノだと思うのよ。それに、どんなに成功しても決してポップスターにならない、アンダーグラウンドミュージックを貫くっていう反骨精神は、純粋にカッコいいと思う。

DVD特典のインタビューによると、クストリッツァの新作含め、この先も何やらいろいろ活動計画があるそうで。(オペラって…オペラって何よ?!)今後も目が離せない!っていうかやっぱり来日して!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/50-4409a8a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。