FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チキン・リトル」って大丈夫?

はい、余計なお世話といえばそれまでだけど(笑)

チキン・リトル」日本公開日が12月17日に決まったのですね。(全米公開は11月4日)日本でクリスマス・正月映画としてWDFA作品を堂々と出すのって相当久々だと思うんだけど、話題性はあるのでいける、と睨んだのでしょうか。うん…大丈夫か?

とりあえず、字幕と吹き替え両方あるらしいんでほっとした次第。(改めて「ラマ」って…)ていうか、今回の吹き替えって本気であの予告編のまま?最初にディズニーストアであれが聞こえてきた時、にわかに信じられないほどイメージ外してたんですが。いや、信じたくないよこれは…。

相変わらず、どういうセンスなんだと思うような予告編作ってますし。どう捻っても感動系じゃないだろこの映画?アメリカ版は、それなりにフルマー&ディンダル色が感じられておもしろそうなんだけど。

まあそんなことはどうでもいいんだ。日本の宣伝なんて、もう慣れたさ。それより、ほんとにチキンリトル大丈夫?と思ったのは、これ見た時。

リトル・スシ屋…って…

いや、こういうのって、もうあらゆることをやり尽くしてネタのなくなったキャラが行き着くとこでしょ?某くまのぷーさんとか。最初からこれでどうするチキン。

なんかこの子って、つくづくダメキャラ…見てるだけで力抜けてくるんですけど。そもそもキャラクターデザインがやる気あんのか?って感じだし。ディンダル監督といえばとにかくウザいとか暑苦しいとかアクが強いとか濃いいキャラってイメージだったから、このタイプは新鮮?なかなかいいかもね。しかも脇役もみんなダメそうなのばっかだよ~。とにかく、友人が「ブタ」とか「みにくいアヒル」とかで、容赦なく文字通りの外見っていう時点でヤバイよな(笑)(しかもアヒルの声が、ジョーン・キューザック!楽しみー。)いいねいいね、ダメキャラ。今、かなりぐっときてます。

だからさ、日本版のキャッチコピーも「ディズニーの仲間たちも、みんなで呆れてます」とかだったらよかったのに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/49-76478806
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。