FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着ぐるみクマのいるライヴ風景

そんなの映画「カントリー・ベアーズ」の世界だけかと思いきや…

最近気になって仕方がないバルカン半島のおやじバンド、エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラの公式サイトでにわか知識を蓄えていたら、こんな素敵なライヴ風景を見つけてしまった。

着ぐるみクマの正体は、ヴァイオリン担当のゼブ、ではなくて、デヤン・“レオポルド”・スパラヴァロさんです。たぶん。この人、ヘンな格好だらけのバンドの中でもひと際目立つステージ衣装が多いんだけど(裁判長?とか古代ギリシャ風とか)、いくらなんでもクマ…生粋のロケンローラーだ…!

いいなーこんな楽しそうなライヴ、行ってみたいなぁ。レオポル!レオポル!って声援送ってみたい~。彼ら、「ライフ・イズ・ミラクル」の日本公開に合わせて初来日なんて話もあったようなんだが、立ち消えたらしく…。今のヨーロッパツアーが終わったら、エミール・クストリッツァは新作映画の監督業に専念するらしいし、当分日本に来る話は出ないだろうな。まあ、あのおっさんたちに極東の島国は似合わない気がします…。

そんなわけで今は、「SUPER 8」のDVDと「ウンザ・ウンザ・タイム」のCDと、「黒猫・白猫」「ライフ・イズ・ミラクル」のサントラCD買って毎日ウンザウンザ三昧。(←急にハマり過ぎ。)とりあえず、ウンザ・ウンザは寝る前2時間の服用はいけません。高ぶって眠れやしない。逆に、寝起きにかけたら飛び起きそう。ウンザ・ウンザを聴くと体内プロテインが増えるとかなんとかいうDr.ネレの主張は、んなアホなという感じだが、自分のように低血圧低体温な人間の体質改善には、本気で効果があるかも。なんか怪しい健康食品みたいですが…。

しかし「ライフ・イズ・ミラクル」のサントラはヤバイね。インストの曲は心に染みてめちゃめちゃいいし、歌が、歌が、、、最強。このCD買う人って、すでに映画を観たか、元からクストリッツァ作品やノー・スモーキングが好きな人がほとんどだと思うんだけど、もしも事前知識なしに、ヨーロピアンな恋愛映画のサントラを期待して買ってしまったとしたら、ひどい目に遭うこと間違いなし(笑)もう、あの最高に悪趣味なオペラナンバーを聴いてるだけで、爆笑のち呼吸困難。あと、怪しげなハンガリー語の絶唱デュエットもすごいな。ネレの俺様な歌いっぷりは鼻血もん。突然マカロニ・ウエスタンな歌が出てきたりする節操のなさも最高だ。

なんてことばっかり書くと誤解を受けそうだが、念のため、彼らはお笑いバンドではないし、映画もお笑いではないです…。言葉で説明しようとすると薄っぺらくなってしまうんだけど、クストリッツァの映画にしても、ノー・スモーキングの音楽にしても、笑いと怒り、喜びと悲しみを同時に爆発させちゃうようなところがあるんだよね。一筋縄ではいかないのだ。

それにしても、身近にノー・スモーキング好きな人、っていうか知ってる人がいなくてつまらんなぁ。誰も理解してくれないのにひとりでウンザウンザ言っててもアホみたいじゃないですか。もう、誰にでも構わず暑苦しく押しつけて、呆然とさせてみたいというはた迷惑な衝動に駆られるぞ(笑)


**エミール・クストリッツァとノー・スモーキング・オーケストラがわかるサイト(英語版)**

エミール・クストリッツァ(半)公式サイト 
映画監督、ギタリスト、俳優…クストリッツァの多彩な活躍がよくわかるサイト。情報量も半端じゃない。メトロの路線図を模したサイト構成がなんとも素敵。

ノー・スモーキング・オーケストラ公式サイト 
最近リニューアルされた公式サイト。まだ発展途上だけど、ライヴ画像や曲のダウンロードなど、いろいろ楽しそうなコンテンツが。しかしこのサイトの構成見てると、このバンドってデヤンとネレとクストリッツァ以外のメンバーはどうでもいい扱いのような(笑)

エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラ 
これも公式サイト…?たぶん、CDを出してるユニバーサル絡みのサイトだと思う。ウンザ・ウンザ・タイムのEカードがダウンロードできます(こんなEカード送られてきたらビビります。)あと、80年代のユーゴでのバッシング事件の顛末が載ってて興味深かった。

ZABRANJENO PUSENJE公式サイト 
ノー・スモーキングの前身バンド、ザブランイェノ・プシェンイェ(←これ一生覚えらんない自信あり)の公式サイト。90年代の紛争でバンドが分裂した時、サラエヴォに残ったメンバーが今でもこの名前で活動してるそうです(拠点はクロアチアのザグレブに移ったらしい)。昔の曲を含め、何曲か試聴ができるんだけど、なんと丸々1曲最後まで聴けるという太っ腹で貴重なサイト。当時の曲調は、わりと正統派?のパンクっぽい感じ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/44-fa4ae943
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。