FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リロ&スティッチ スペシャルエディション」その1

待望の「リロ&スティッチ」スペシャルエディションDVDが発売された。

もう…待ってたのはこれ、欲しかったのはこれ、必要だったのはこれだ!という感じ。まるで、「おあずけ」をくらったまま3年間も放置されてだらだらよだれを垂らしていた青コアラ犬が、ようやく好物のエイリアン模様の緑色のもも肉にありつけたかのような…(笑)

まだ全部を見たわけではないけど、とても語り尽くせないくらい充実した内容なので、とりあえず今日は、DISC 1の音声解説についてだけ。

いろんなスペシャルエディションDVDの中でも、「音声解説」はいつも一番好きな特典なんだけど、今回のが、これまで観たことのあるDVDの中で贔屓目なしにベストな解説だった。思い入れのある作品だからという点を差し引いても、パーフェクトな内容。

製作者による解説って、中には、内輪ネタが多かったり、ひたすら自画自賛だったり、流れているシーンと関係のないこだわりを延々と話されたり、解説者がだんだん作品に引き込まれて口数少なくなっていったり(笑)なんてことも多かったりするんだよね。(それはそれでまたおもしろいんだが。)でも、クリス・サンダース&ディーン・デュボア監督とプロデューサーのクラーク・スペンサーの3人による解説は、観ている側にとても親切。まさにかゆいところに手が届くような、充実しまくりの内容だった。(そう、画面には監督ふたりの名前しか書かれてないんだけど、スペンサーさんも参加してます。書いてあげようよ、いい人なんだから…)

とにかく3人とも、しゃべるしゃべる。かなりの早口で、言葉がほとばしるかのように語り続けてくれるのだ。(その分、日本語字幕は端折り気味。)あからさまな賛辞は控えているけど、作品への真摯で誠実な思いが伝わってくる。それだけに、時々思わずこぼれる「ここが気に入ってる」というコメントに、いっそう強い愛着と誇りが感じられたり。

監督2人がストーリー部門の人だけあって、技術的な話よりストーリー内容に関する解説が中心だったのも、個人的にはうれしかった。お互いが担当したシーンをさりげなく褒め合うクリス&ディーン監督の友情にもじーんときたし、かと思えば突然、はじけたようにキャラクターのアテレコ大会が始まったのには笑ったし、エンドクレジットのあたりの感極まったような様子にはこちらも熱くなってしまった。

以前どこかに書いたように、この解説は、最初に発売されたDVDに収録される予定で、製作が終わってまだ日が浅い頃に録られたもの。そのせいもあるのか、他のインタビューやメイキング本に書かれていたことと一致する話だったのでほっとした。(けっこう、その場その場でコメントが変わっちゃって矛盾が出てくる場合って多いから。)これで、ファンサイトのプロダクションノートなんかも書き直さなくて済みそう。

もちろん、すでにどこかで知っていた話ばかりというわけじゃなくて、新しいエピソードや発見もたくさんあった。監督自身が「完成後の今でも新たな発見がある」なんて言ってるくらいだから、当然よね。

以下、そんな発見のいくつかを、思い出した順に。

(これから音声解説を聞く方は、楽しみを損なってしまうかもしれないので読まないでね。)
(あんまりにも衝撃的?な部分だけ、反転しないと読めないようにしてます。)

・初期の設定では、スティッチの正体は中年ギャングだった!!!(最も衝撃的だった新事実)
・ダヴェイ・チェイスがリロの声に選ばれた決め手は、どこか陰のあるしゃべり方だった(納得)
・動物保護センターにいるワンちゃんのうち2匹は、ディーン監督のペットがモデルで、スティッチの声の一部にも使われていた(DISC 2でディーン監督と共にいるワンちゃんたちの姿が見れます)
・コブラ・バブルスには、たぶん殺人歴がある byクリス監督(これもかなり衝撃的)
・スクランプの表情に注目!(芸が細かいな~)
・ブルーパンチのシーン、デュークのポスターの表情にも注目!(びっくり!)
・ナニが“アロハ・オエ”を歌うシーンは、声を演じたティア・カレルの提案だった。
・リロの家族の写真がキーアイテムとして使われるのは、アート・ディレクターのリック・スルーターの発案。
・ディーン監督のファミリーネームは、「デュボア」でよかったみたい(ご本人がそう発音してたので)
・そんなディーン監督は、A★TEENSの熱狂的ファンだった(笑)
(エンディングのあのポップな曲、プロモーション部門のしわざじゃなかったの?)

その他の特典については、また改めて。ゆっくり鑑賞する時間が欲しい~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/37-81e5af11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。