Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーンスタジオに思うこと

シドニーのディズニー・トゥーンスタジオが閉鎖されるというニュースがちらほら。(詳しくはJim Hill Mediaを参照。)

シドニーって、トゥーンスタジオ(旧TVアニメーション部門)の中では絵がマシな方じゃなかったっけ。これからは、続編ものDVDの製作は、より人件費の安いマニラや台北でおこなわれるとのこと。“Cheapquels”がますますチープになるわけだ。Cheapquelsというのは、アメリカのディズニーファンの間でよく使われる、Cheap(チープ)とSequel(続編)の造語。誰が言い出したのか知らないけど、うまいネーミングだ。無理やり日本語にするなら“俗編”てとこか。

Cheapquelsの氾濫は今に始まったことじゃないが、私はようやく最近、もう購入しないと自分に誓うに至った。安っちい続編でも、映画へのささやかなトリビュート、またはツッコミネタと割り切れば、それなりに楽しめると思っていたし、事実かつてはけっこう好きな続編もあったのだけど。最近は、続編ものの図々しさが鼻につくようになって仕方がない。

特に、フィーチャーアニメーション部門(WDFA)の縮小やCG作品への移行と同時進行で、トゥーンスタジオ作品がやけに大きな扱いを受けるようになってから。そこには、策略的なものを感じる。手描きのアニメーションをやめたという印象を与えず、お手軽なトゥーンスタジオ作品で需要を満たしていこうという、安易なごまかし。WDFA作品の証であった“ディズニー・クラシックス第○○作品”という呼び方もいつの間にかなくなり、日本においては、トゥーンスタジオ作品(ex. 「ピーターパン2」)が劇場公開されるのにWDFA作品(ex.「ホーム・オン・ザ・レンジ」)がDVDオンリー扱いという逆転現象まで起きる始末。

今年に入ってからDVD発売されたのなんて、ほとんどがトゥーンスタジオ製なんじゃない?続編もののくせに、仰々しく“メイキング・オブ~”だとかの映像特典がついてるのはなんか違うんじゃないかと。何より、続編ものと元の映画は全く別の部門が作っていることを、消費者にはっきりと伝えていないのがいけない。「リロ&スティッチ2」が「リロ&スティッチ」と同じクルーによる作品だなんて思われたら…考えただけでたまらない。

こんなこと言っても、トゥーンスタジオ作品に携わる人たちを低く見ているわけではないけど。念のため。続編もの以外では、TVアニメーション系ならではのいい企画もやっていると思うし、WDFA作品との質の差は、クリエーターの能力の差というより、どれだけコストをかけることが許されているかの差だろう。

そしてそれがきっと、続編ものがリリースされ続けている最大の理由でもある。ディズニークラシックス作品は、企画から完成まで4~6年はかかるのが通常で、少なくとも200人を越すスタッフを必要とする。莫大なコストをかけて、何もないところから全く新しいストーリーを、アートスタイルを生み出していくのだ。ひとつひとつの作品が、後世に残るようなアートの創造を目指しているから、コストが高い分リスクも大きい。

対照的に、トゥーンスタジオの続編ものの目的は、できるだけ時間や手間隙をかけないで儲けること。すでに一定の人気を得たキャラクターや物語設定を利用すれば、余計な労力やリスクを回避できる。要するに便乗商売なのだ。それで儲けることができるなら、わざわざハイリスクなクラシックス作品を重んじることもない。その結果どんなにクラシックス作品のイメージを壊そうとも、ディズニーブランドの価値を下げようとも、経営的に考えたら出し続けるでしょう。Cheapquelsが売れる限り。

そう考えると、ディズニーアニメーションを駄目にしているのは、嫌な言い方かもしれないが、Cheapquelsを甘んじて享受している私たちディズニーファンなんじゃないか、とも思えてくるのだ。確かに最近は、トゥーンスタジオのクルーの努力の成果か、Cheapquelと言えども、一時期ほどアニメーションがひどくないものも出てきた。でも、その程度で満足しちゃったら、騙されている気がする。WDFAが何年もかけて創り出すクラシックス作品とは、根本的に違うのだ。トゥーンスタジオ作品ばかりに慣れてしまうと、アニメーションを見る目が鈍りそうで怖い。続編ものだけを見た人に、ディズニーってこんな程度のもん、と高をくくられてしまうのも悔しい。

だから、もう買わない。これからは。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/10/16(日) 16:08:06 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/21-59686944
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。