FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北小旅行4日目

最終日。珍しく早めにチェックアウトを済ませ、集合時間まで余裕で待機…したものの、出発予定の8:30をまわってもお迎えのバスが現れない。交通渋滞で遅れてるのかな?それにしても、遅い。他のホテルで遅れた客がいたのかも?しかし、待てど暮らせど来ない。おかしい。友人のひとりが何かに気がついて、行きに配られた日程表を見る。最終日、集合時間10:45と書いてある(笑)何を勘違いして8:30出発だと思い込んでいたんだか。確かに、午後発の便にしちゃあ集合が早すぎる気はしていたが…4人も揃って誰も集合時間を確認してなかったというおバカちゃんなのでした。心配してくれていたホテルのスタッフも、一緒になって大爆笑。いやぁ、笑ってくれて助かったよ。これが日本とかだったら、普通に苦笑いか冷淡にあしらわれそうなもんだ。

フロントのおじさんが、「1時間マッサージやってこれるヨ」と親切に近くのお店を紹介してくれたので、荷物をホテルに預けたまま出かける。今まで雨が多かったので気がつかなかったが、台北の街中は交通量が多くて空気が悪い。バイクに乗った人が皆、マスクをつけてるわけだ。目当てのマッサージ店を見つけたが、雰囲気のわりに値段が高く乗り気がしなかったため、教えてくれたおじさんには申し訳ないが取りやめて、近くでお茶でもできる所がないか探す。時間的に開いている店が見当たらず、結局、24時間営業のファミレスのような店を見つけてそこで時間をつぶすことに。ほとんど人の気配のない店内で、店員が掃除機などかけているのを横目に見ながらお茶をするというのもちょっとした不思議体験でした。ファミレスっぽいわりにお茶の値段は全然ファミリー価格じゃなかったが、大きなポットで出てきて、なくなると継ぎ足してくれるので、長居すればお得なのかも。

(左)台北の信号はカウント式 (右)友人が果敢に飲んでた謎のお茶
blg119.jpg  blg120.jpg

ホテルに戻り、今度こそ時間通りに迎えに来たバスで出発。途中、免税店に立ち寄ってから空港へ。空港内のフードコートで慌しくランチ。日本人観光客こそ少なかったが、やたら混んでいてなかなか空いている席が見つからない。熱気に圧倒されていると、地元の人らしい子連れのお父さんが笑顔で席を譲ってくれた。なんかこの旅では、何かと人に親切にしてもらって癒されたな。そして、ここで初めてローカルフードらしい食べ物に出会えたような。

(左)空港のフードコート (右)台湾式ぶっかけご飯定食
blg121.jpg  blg122.jpg

帰りのフライトは行きより早く、2時間半ほど。あっという間に成田に到着した。思いがけずのんびりできて、久々に友人たちとたくさん話す時間もできたし、こんな旅行もいいもんだなぁと。そのうちまた、行って癒されたいわん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/127-fc3567d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。