Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北小旅行2日目

朝、ホテルのロビーに日本からFAXで送られてくるらしい台風情報が。今日から国内線のフライトキャンセルがぼちぼち出始めている。グロリアプリンスの朝食は、一般的なバイキング形式で、洋食の他に白粥、味噌汁など和風メニューもあり。味はともかく種類は結構多くて、野菜が豊富なのが嬉しい。

バスで半日市内観光に出発。忠烈祠の衛兵交替式に龍山寺中正記念堂という、前回の旅行でも行ったお約束の場所ばかりだが、車窓から眺める街の様子が随分変わったのが新鮮。数年の間に、小洒落たカフェやブランド店が急増したみたい。日本もそんなところがあるけど、古い街並みとのアンバランスがなんともアジアだなぁと。観光スポットは、どこも人ごみと暑さでへろへろ。近づいてきた台風の影響で、焼けるような陽射しと土砂降りが交互に襲ってくるという困った天気。

忠烈祠
blg101.jpg  blg102.jpg

龍山寺では、前回時間がなくてできなかったおみくじを引いてみる。台湾のおみくじは、引く前に神様にお伺いをたてなければいけないから時間がかかるのだ。神様の耳?の形をした赤い木片を二つ手に取って地面に投げ、表と裏が出たら引いてよいという印。3回投げても表と裏にならなかったら、神様が聞き入れてくれないのでおみくじを引けないという、結構厳しいルールがある。おみくじは、長い木の棒の束から1本引いて、そこに書かれた番号の引き出しから1枚いただく。4人とも無事、表裏が出て、おみくじに辿り着けてほっとしたが、内容は漢詩で書かれているのでもちろん解らず。ガイドさんに簡単に読んでもらったが、あんまりいいことじゃなさそうだったので解らなかったことにしとこう。しかし友人たちのは当たってたんだよなぁ…。それから、龍山寺は縁結びの神様、月下老人を祀っていることでも有名で、縁結びの赤い糸もいただくことができる。一応貰ってきたけど、お賽銭すらしなかったので効果はどうなんでしょうか…?

(左)龍山寺 (右)中山記念堂
blg103.jpg  blg104.jpg

ツアーはDFSで解散、お世話になったガイドさんともここでお別れ。明日は台風上陸で外に出られなそうなので、DFSの入っているグランドフォルモサ・リージェントホテル(台北晶華酒店)で1日過ごすことにし、ホテル内のスパに予約を入れてみる。台北のスパは前々から予約しておかないと厳しいと言われていたが、ダメもとで聞いてみると翌日の午後なら4人予約できるとのこと。ここまで辿り着けさえしたら、明日1日無駄にすることはなさそうだ。

DFSからグロリアプリンスまでは徒歩10分ほどだったので、いったんホテルに戻り、ホテルの斜め前にある彭園湘菜館で遅めのランチにする。湖南料理の有名店とのことだが、中途半端な時間だったためか店内ガラ空き。つきっきりでお給仕してくれました。湖南料理って初めて食べたけど、ちょっと濃い目の味付けなのかな、という程度で普通に口に合う感じ。高級な雰囲気のわりに、一品料理は意外とお手頃価格だった。

(左)彭園湘菜館(1階はドラッグストア) (右)コンビニ「全家」
blg106.jpg  blg105.jpg

食事の間は土砂降りだった雨が一時的に上がったので、最寄りの雙連駅まで歩き、MRT(新交通システム)で台北101に向かう。MRTは、前回来た時もきれいで使いやすい印象だったが、さらに進化していて驚く。切符の代わりにプラスチックのコインのようなトークンが使われるようになり、これをかざして自動改札を通るという方法に。改札を出る時にトークンが回収されるので、エコ効果もばっちり?

(左)MRTの自動改札 (右)駅構内のポスター
blg107.jpg  blg108.jpg

台北101は、2004年に完成した101階建ての超高層ビルで、前回来た時には当然まだなかったもの。MRTの市政府駅から無料の送迎シャトルが出ている。この付近、いかにも最近開発された地域という感じで、日本でいうとお台場みたいな雰囲気。101は地下1階から5階までがショッピングモールになっている。上の方に展望台があるのだが、天気が悪いので行かなかったため高さは全く実感できず、何のために行ったんだか…。ショッピング組がお買い物している間、地下のフードコートで台湾スイーツを食しつつひと休み。(買い物中に座って休める場所が全くないというのは、ショッピングモールとしてどうかと思う。)わざとらしいほど高級感漂うモール内で、ここだけはやたら庶民的でおもしろかった。

(左)101内 (右)フードコート
blg109.jpg  blg110.jpg

(左)花生豆花 (右)ツボにはまった紙コップ(新の生活…Happy Gril…)
blg111.jpg  blg112.jpg

MRTで民権西路駅に出て、タクシーで行天宮に向かう。台湾のタクシーは初乗りが70元(約260円)と安く、近距離でも気軽に利用できる。行天宮というお寺は商売の神様を祀っていることで有名だが、ここに向かった目的はお寺ではなく地下にある占い横丁。しかし、タクシーを降りてみると、地下道に降りるらしき階段が封鎖されている。まさか台風のせいで占いが中止?折りしもひどり土砂降りで、とりあえず行天宮に避難。ここでお参りだけして、諦めて帰ろうとタクシーに乗る。すると、タクシーから見えました、占い横丁の地下道の入り口が開いてるのが…。一瞬降りようかとも思ったが、ひどい雨でみんな疲れていたこともあり、占いには縁がなかったことにしてホテルに帰る。

行天宮
blg113.jpg

雨がひどくて外に出られないので、夕食はグロリアプリンスホテル内の広東料理、九華樓へ。評判どおり美味しかった。一品一品、手が込んでいて上品な味付け。食器がすべてウェッジウッドだったり、高級な雰囲気にもかかわらず価格はリーズナブル。ここはもう言うことなしです。

九華樓のウェッジウッドの食器
blg114.jpg

大満足で部屋に戻り、今日こそは早く寝よう…と思っていたのに。こともあろうに、TVの台流ドラマにハマる(笑)いや、台風情報やってないかとTVをつけたら、ニュース番組が見つからずドラマばっかりやってたので…。普通なら、言葉も解らない外国で連続ドラマを途中から見ておもしろいわけがないと思うが、字幕の漢字を頼りに友人と半分妄想で解釈しながら見てたらおもしろいことおもしろいこと。しかも内容そのものがかなり荒唐無稽と思われ、演出も非常にゆるい感じがツボにはまってしまい、気がつけばドラマ2本も見ちゃって今日も夜更かし。アホだ…。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/02/01(月) 10:56:01 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/125-08be2c77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。