Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jukebox

「街のあかり」の余韻に浸りつつ、映画館で購入したアキ・カウリスマキのサントラ集“Jukebox -Music In The Films Of Aki Kaurismaki”にどっぷり浸っています。このCDをかけただけで、部屋の空気が変わってしまうような。トータル・カウリスマキな世界。

デビュー作から最新作までのアキ・カウリスマキ映画で使用された音楽から、厳選された全46曲。編纂したのがアキの盟友とのことで、ツボを押さえたさすがの選曲です。“虹の彼方に”や“雪の降る街を”はもちろん、ジョー・ストラマーの歌う“Burning Lights”とか、赤軍楽団のおっちゃんの熱唱“Dark Eyes”とか、「ラヴィ・ド・ボエーム」に出てきた素敵に凄まじい前衛音楽まで入っていて、そこまでやりますか、と。

個人的に惜しいのは、ニッキー・テスコの歌う“Born to Be Wild”がなかったことくらいでしょうか。“Thru' the Wire”が入っていたのはうれしかったけど、これも歌ってるのはテスコじゃなくてレニグラボーイズかな?レニグラといえば、おなじみ第49集団農場の“Ballad of The Leningrad Cowboys”と、「モーゼに会う」の迷曲“Nolo tengo dinares”が入ってるのが良いですね。テキーラでやさぐれたメキシコ部が好きです。

レニグラと並んで、アキの映画でよく使われている(大抵ろくでもない場面で流れる)メルローズの曲も収録。「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」の時は、やさ男風の兄ちゃんが今どきないだろってノリで激しく歌っていたのが微妙な印象だったけど、そんな彼らも「街のあかり」のライブシーンではなかなか骨太な感じになっていて、おお、と思いました。

それにしても、これだけ幅の広い音楽を起用していながら、全曲しっかりスマキ色に染まってるのがすごいなと。どの曲も、渋くて脱力でヘタレな感じがする。聴いてる方にも無口無表情が伝染してくるような。というわけで、感想もいつもの自分より若干短めです。

マッティ・ペロンパーを気取ってひたすらウォッカを煽りながら聴くもよし、ベッドに入った後に聴きながらカティ・オウティネンの気分で眠りにつくもよし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/121-a72abd63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。