FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リロ&スティッチ 3rdアニバーサリー

「リロ&スティッチ」公開から今日で3年。Ho' omaika 'i !

記念に、というほどではないが、ファンサイトの製作ノートを少しアップ。9月にスペシャルエディションDVDが出ればもっと詳しく製作時のことが紹介されるだろうけど、そしたらまた加筆・修正するってことで。

これを書くために、久々に公開当時のディズニーマガジンをめくったりしていたら、それだけでなぜかこみ上げてくるものがあり…なんなんでしょうねえ、この感覚。自分がWDFA至上主義者だとは思ってなかったけど、やっぱり私にとってのリロ&スティッチは、あくまでWDFA作品としての「リロ&スティッチ」なんだな、と痛感した。

正直、クリス&ディーン監督の手を離れてからのもろもろ(続編とかTVシリーズとか)はどうでもよかったりするし。最近グッズも、映画としての「リロ&スティッチ」とは関係ないただのキャラクターグッズに見えてきたり、それ以前の問題として諦めの境地になったり(^^;で大抵パスしてるし。(今秋リリースのWDCCは、また出るのかよ!とツッコミつつ買ってしまう予定だけど。笑)ディズニー映画ファンなら避けて通れない道かもしれないが、WDFA出身のキャラクターがここまで人気になるのは、うれしいことなんだけど、ほろ苦くもあり、ちょっぴり複雑な心境だ。

いやいや、こういう話は愚痴っぽくていかん。思い返せば、映画が完成した当初から、スティッチはミッキー、プーに続くくらいのスタンダードキャラになるだろう、と先を読める人たちは断言してたんだよね。その時は、そこまではまさか~と思っていたけど、最近まさにそれが現実になったということ。

どっかで見かけた、“今大人気のスティッチ、ブームの火つけ役は女子高生!”なんて宣伝文句には思わず…(^^;だったけど、確かに、今はもう、映画を知らなくてもTVシリーズとか、グッズやパークでスティッチを好きになる、というケースが主流なのかも。それはそれでもちろんアリなんだろうけど(売る側がそういう売り方してるわけだし)、願わくはこれを機に、映画の方にも興味を持ってくれる人が増えて、「リロ&スティッチ」という作品がこの国で再評価される日がくればなぁ…。まあ、スペシャルエディションDVDじゃなくて続編の方にだけ予約特典がついちゃうご時世なので無理ですか(涙)

映画といえば、クリス監督の次回作“American Dog”とディーン監督の次回作“The Banshee”についても、そろそろ続報が出ていい頃?と心待ちにしてたんだけど、どちらも公開予定がいつの間にか1年ずつ延びてた…残念。“American Dog”は2006→2007年予定、“The Banshee”が2005年→2006年予定に。まあ、先に楽しみがあることはいいこと。(3Dアニメーションの“American Dog”はともかく、実写の“Banshee”は日本に来るのかすら不安だけど)どうか無事に完成して公開される日が来ますように。

それまでは、というかあと数十年くらい、「リロ&スティッチ」1本あれば毎日いけちゃうから平気よ!(笑)まじめな話、今でも、観るたびに新しい感動や発見をもたらしてくれてるからさ。

**以下、どうでもよさげだけどネタバレ**

つい先日も、こんなことが。

IMDbで何かネタないかなーとトリビアページを眺めていたところ、今の今まで自分が、プリークリーがビューマスターを愛用してるギャグの真意を全く理解していなかったという衝撃の事実が判明。いや確かに、プリがあれ使うシーンで笑ってたけどさぁ、ビューマスター持ってるので仕組みも知ってたけどさぁ…。え~と、ビューマスターっていうのは、左右それぞれの目で微妙に違う絵を覗くから3Dに見えて楽しめるものなんですよね。だから一つ目のプリクリさんが覗いても…っていう説明を読んで、初めてそうかぁ!と思った自分。ナニ姉に“Stupidhead!”と一発蹴りを入れられたかのような衝撃でした(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/12-25ef1a2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。