Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウリスマキ、レニグラ &ロケンロール

再び、ユーロスペースでやってる“カウリスマキのあかり”へ。本日はスマキ音楽祭(嫌な略し方だな)って感じで、2本観てきました。

1本目、スペシャルプログラム“アキ・カウリスマキ・ミーツ・ロケンロール”
ライブドキュメンタリー「トータル・バラライカ・ショー」と、短編(ミュージック・クリップ)4本セット。まずは、レニングラード・カウボーイズとレッド・アーミー・アンサンブル(赤軍退役軍人楽団)が共演する歴史的作品「トータル・バラライカ・ショー」(Total Balalaika Show:1993年)。ライブものは、やっぱり映画館だと迫力があって良いですね。赤軍楽団のあんまりの真剣さに押されてだんだんレニグラがウザく思えてくるのがアレなんだけど。赤軍のおっちゃん、歌うますぎですよ。

短編「ロッキーVI」(Rocky VI:1986年)「ワイヤーを通して」(Thru the Wire:1987年)「悲しき天使」(Those Were the Days:1991年)「俺らのペンギン・ブーツ」(These Boots:1992年)は全て未見だったので楽しみにしていたもの。特に「ワイヤーを通して」が拾い物だった。ニッキー・テスコってなんか好き。ミュージシャンとしては、Members時代を知らないのでレニグラのイトコとして歌ってるのしか見たことがなく何とも言えないが、役者として「コントラクト・キラー」や「アイアン・カウボーイズ・ミーツ・ゴーストライダー」で冴えないチンピラ役を嬉しそうに演じてるのを見て、好人物に違いないと。この短編では意外とかっこよかったです。そして「悲しき天使」のロバ反則。

2本目、「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」(Leningrad Cowboys Go America:1989年)
“史上最悪のロックバンド”レニングラード・カウボーイズが、デビュー目指してやって来たアメリカからメキシコに南下するロードムービー。何を隠そう、生まれてから今までに観た映画の中で一番笑った作品といえばこれ。最初に観た時は、おかしすぎて何度もひっくり返ったよ。レニグラの見た目のおもしろさに加え、人を食ったようなシュールな笑い。言葉で説明しても全然伝わらないと思うけど、とにかくツッコミどころ満載の不条理なおかしさが次々と込み上げてくるわけ。

(以下ネタバレ)

例えばこんな場面。強欲マネージャーのマッティ・ペロンパーに「フード、フード」と陰気にねだるレニグラボーイズ。生タマネギを一袋あてがわれ、路上に座り込んで黙々とかじる面々…ああ、やっぱり言葉にするとつまんないんだな。

それでも懲りずに語りたくなるのがまた、この映画の不思議なところ。一人がひたすら無言でクルミを割り、周りがとり憑かれたようにそれを見守ってたりとか。マネージャーとのゆるい確執(革命→“民主主義復活”)とか。皆の食料を買うお金で素敵な姿になって戻ってきたメンバーを画面の外で袋叩きにしたりとか。そうそう、故郷のシベリアから憧れのレニグラを追いかけてやってくる村の若者も好きです。川でつかんだ得体の知れない生魚を何日も抱えて、やっと会えたレニグラメンバーにうやうやしく差し出すバカモノ…それいいかげん腐ってるんじゃん?かと思えば、そんな気味の悪い魚を嬉しそうに炙るレニグラもすごいな。

音楽ロードムービーとしても、この上なくハッピーな仕上がり。“レニングラード・カウボーイズのバラード”を歌う爆笑シーンで肝心の歌詞の字幕がついてなかったのが不満だけど。(カントリーを歌えと言われ、第49集団農場がどうの人民委員がどうのという素敵な歌詞で「二度と来るな」と言われる。)デビューするはずだったNYを早々に追われ、アメリカの田舎をどさ回りしながら土着の音楽を吸収していったレニグラボーイズは、メキシコで立派なウエディングバンドになれたのでした。すぐにテキーラにやられて落ちぶれるんだけどね…それは続編の話。さんきゅーべりーめにー。

サントラ集CD2枚組まで買っちまったぜ。ふふ。

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ/モーゼに会う レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ/モーゼに会う
マッティ・ペロンパー (2002/05/24)
ビデオメーカー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/117-b490ac74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。