FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボンボン」

ボンボン」(El Perro:2004年アルゼンチン・スペイン)を観た。

珍しく、直感で観ると決めた映画。普段から映画を観に行く回数が限られてるので、どうしても、監督が誰だからとか、誰が出演しているからとかで観てしまう。そういう選び方をしていると、ひどくハズす心配はないけど、純粋な驚きとか新鮮さはなかなか得られないんだよね。そんな中、めったにないことだけど、本能的にこれは観なければ!と。(去年だと、「ククーシュカ」がそんな感じの出会いだったな。)おんぼろ車を運転する人の好さそうなおじさんと、助手席にのそーっと座ったヘンな犬。この写真を観た瞬間、「!!」と来ました。おじさんと犬っていう組み合わせに弱いのかも。「過去のない男」とか。そういえばテーマも微妙に被るかな。

白くて大きいヘンな顔の犬。決してワンコなどという可愛いもんじゃなく、どちらかと言えばお犬様。“ドゴ”という種類らしい。顔つきがブルテリアっぽい?イメージはもっとおっとりしてそうだけど…などと予想していたが、実際ブルテリアとか闘犬を交配させた種類なんだって。けっこう危ない犬でやんの。

お気楽ほのぼの系の作品かと思っていたら、内容は意外とほろ苦い。(とりあえず、“ラテン版わらしべ長者”というコピーは全くアテにならず。)生きていくことの厳しさが、切々と描かれる。失業、貧困、孤独、重圧…。しかもそれは人間だけじゃないんだよね。人生は大変だが、犬生もまたずいぶんとタイヘンそうなんだ。闘犬、猟犬、ショー犬、種犬、負け犬、“痛みを感じない生き物”…お犬様もツライね。

こんな内容なのに全然息苦しくないのは、広々した大地の乾いた空気と、主役の1人と1匹の醸し出すゆるい味わいからくるような。もうね、見ていてきゅーんとしちゃうのです。お人好しで損ばっかりしてるおじさんの、なんとも慎ましやかな表情。そして、お犬様のなんともいえない堂々たるマヌケ面。どこにいようと何をされようと、何にもわかってないぞこいつー、という。実際のところ、すごい演技が必要とされているはずなんだけど、タレント動物的なものじゃない、わかってない動物そのものの動きや表情なんだよね。一体どうやって撮影したんだろ…。距離感の近さも、なんだかとてもいい感じ。親近感のわく距離で、生きてるものたちを愛おしく見つめているような。

出演者のほとんどが素人だったというのも、びっくりというか納得というか。おじさんのおずおずとした微笑み、あれはやっぱり演技で作れるものじゃないもんね。しかし、あのアクの強いドッグトレーナーのおっちゃんとか、じーんとくる語りを聞かせてくれた歌い手のおばさんまで素人だとは。皆さん、いい味出しすぎです。それにしても、お犬様。カンヌに出ていればパルムドッグ獲れたかもしれないのに!

ああ、でも賞なんて。自分がどう生きているかとは別のこと。時によって、もらえることもあったり、もらえなかったり。どっちにしても、大したことじゃないさ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/114-fbc1c772
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。