FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vtoroi Magadanskji

Leningradのリードボーカル、シュヌルことセルゲイ・シュヌロフのソロアルバム“Vtoroi Magadanskji”を聴いてます。iTunesだとアーティスト名がLeningradになってるんだけど、確かシュヌルのソロプロジェクトのはず。(この人たちに関しては、情報入手が難しくてどうもはっきりしたことが言えない…)

これがLeningradと同じサウンドだったら、やっぱり15人も要らんのでは?(というかあとの14人の立場は?)という話になってしまうが、だいぶ違ったので余計なお世話ながらほっとしました。ブラス楽器ほとんどなし、サックスとアコーディオンがメイン。これがねー、Leningrad的ブンスカとは別の意味でイイのですわ。どっかヌケた感じとか。マッタリしてるようで血が騒ぐ、明るい哀愁音楽。かなりツボ。

iTunesでは単独アルバム扱いなんだけど、どうやらLeningradの最新アルバム“Hleb”のオマケ的な作品だったらしく、短いのが玉にキズ。30分くらいしかなくてちょっと物足りない。それにしても、これだけ幅のある音楽ができるって器用なんだなぁ。

シュヌルさんはフロントマンとしてはいまひとつ華がなさそうというか、ベーシストからリードボーカルに転身したとかいうのがなんか納得できる感じの(ベースに対する勝手なイメージだけど)、その辺にいそうな普通のおじさんに見えるんですが、ロシアでは人気者だそうです。実は俳優とかTVの司会なんかもしてるやり手。映画音楽を手がけてるのでも有名らしく、それもローカル色のあるようなのじゃなくてベタなアクション映画だったりするからなんか不思議。アングラ系の人かと思ってたんだけどな。声はかなり好きな感じです。Gogol Bordelloのユージーン・ハッツがウォッカ飲み過ぎたらこんなかな。最近ようやく気づいたけど、しゃがれ声&巻き舌にヨワイです自分。

そういえば、Gogol Bordelloって今月の来日ドタキャンしてたんか…。パスポート切れとは…無念。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/112-e0974e1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。