Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dlya Millionov

Leningradってバンドの曲を聴いてます。

レニングラードといっても、カウボーイズに非ず。ペンギンブーツも履いてないし、頭も尖ってません。まあ、大所帯ってところは共通だけど。こちらは15人編成のロシアのスカバンド。15人も必要なのか問いたくなるのはともかく(だってねえ、マラカスだけやってる人とか、ねえ…)、昨年の個人的ヒット映画「僕の大事なコレクション」のサントラに参加してたので知りました。イライジャ・ウッドがイモ落とすシーンとかで流れてた、確か。個人的には、物悲しくって困っちゃうサントラの中で救いになっていたのが、このLeningradのブンスカ音楽。踊れるんだよねぇ。この手のご多分にもれずオパーとか言ってて。

で、彼らの他の曲も聴いてみたくなって調べてみると、公式サイトがロシア語ドイツ語のみ…わっかんねー。アルバムも、各国版があるせいかやたらたくさん出てはいるけど、正直何を聴けばいいのかわかんなくて、とりあえず、最新と思われる2005年リリースの“Hleb”っていうのを購入。そしたら、なんか期待してたのと違うのよこれが。ミクスチャーには違いないんだろうけど、ラップとかの要素が強くて、あの哀愁のブンスカはどこへ!?オッパーはどこへ!?と。

そんなわけでしばらくLeningradには関心がなくなってしまったんだけど、ふと考えてみると、「僕コレ」のサントラで使われた曲は99年のアルバムに収録されてるもの。初期のアルバムの方が自分好みなんじゃん?で、性懲りもなく購入。ただし、簡単に入手できるアルバムは一番古いもので2003年の“Dlya Millionov”だったんだけど。こちらがまだスカ重視の曲が多くて、なかなかに自分好み。オパーも出てくる。(ちなみに、それ以前のアルバムはロシア語公式サイトで試聴、相当に自分好み路線。)

好みといっても、ベタな曲調がなぜかツボにはまる時とドン引きになる時があるんだけど、まあいいや。なんか初期のGogol Bordelloみたいなダサさというかなんというか、聴いてて時々遠くに感じるんだけど、最近、ある程度の距離感というのもそれはそれでいいと思えるようになって。ところにより踊ります。というわけで、「僕コレ」でLeningradを気に入ったら“Hleb”じゃなくて“Dlya Millionov”を聴くべし。

アルバム毎に全然違うジャンルを平気でやる傾向って、この辺の人たちにわりと共通しているような。そういえば、そっちの方面のどなたか忘れたが(こういうことを言いそうなのはKultur Shockのジノ氏あたりな気がするが)誰かが言ってたけど、音楽をジャンルで分けるっていうこと自体が商業的発想から生まれたものなので、かつての東側ではそういう概念が存在しなかったとか。ふーん、そんなものかもね。

このLeningradって、ロシアでは超メジャーらしくて欧米にも進出してるんだけど、モスクワではライブ禁止令出されてるらしいです。なんでも、言葉が汚すぎるんだって…。と言われても、ロシア語解らないからねぇ。メッセージ性が強いと言われてる“Hleb”の良さがわからないのも、歌詞が解らないせいだなきっと。彼らが使ってるMAT(ロシア語のスラング形態)って、ラップとかに通じるものだと思うけど、イメージ的に英語のswearwordsなんかよりもっと汚そうな気が。知らずに口ずさんでると、とんでもないこと口にしてたり。


Amazon.co.jpには“Hleb”しかありません…
Hleb Hleb
Leningrad (2006/07/03)
Eastblok

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/109-0f89da40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。