FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「明日へのチケット」

エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ共同監督「明日へのチケット」(Tickets: 2005年伊・英)を観た。

パルムドール受賞3大巨匠による奇跡のコラボレーション、という宣伝文句だけで敷居が高そうで構えてしまうが、実際は口当たり良く肩の凝らない作品だった。なーんかええもん観させてもらいました。

共同監督とはいっても、実質オムニバス作品。ただ、各エピソードにタイトルが入って分断されるようなことはなく、どの話もシチュエーションは列車の中で同じ乗客や車掌が登場する、という緩いつながりで1つの作品になっています。この形式がよかった。なんか、有名どころの監督を揃えたオムニバスとか短編集っていうと、どうしても監督カタログみたいな雰囲気が出てきて、観ている方もつい品評会みたいな気分でエラソーにランク付けしたくなったりしてしまうもんね。その点、こういう遊び心のある企画っていいな。巨匠ならではの余裕かもしれないが、変に肩に力が入ることなく、楽しんで作ったよ、という印象だった。

各パートには各監督の個性が強く出ているのに、それが作品のまとまりを壊すことにはならなくて、バランスがいい。第一部、映画的言語で語りかけてくるようなオルミのパートで観客を映画の世界に誘い込んで、中だるみになりがちな第二部に緊張感溢れるキアロスタミのパートを持ってきて、明快で爽やかなケン・ローチのパートで後味良く終える。この順番が重要だったかも。もちろんそれぞれのパートはそれだけで充分におもしろいのだけれど、最初がケン・ローチだったら映画に深く入り込めなかった気がするし、真ん中にオルミが来てたらちょっとウトウトしちゃったかもしれないし、最後がキアロスタミだったら、ハラハラしすぎて気持ちがヘロヘロのまま映画館を後にする羽目になってそうだ。

どのエピソードも、特に劇的なことが起こるわけじゃない。列車の中の人間関係を観察することによって見えてくる、日常のちょっとしたドラマ。1つの目的地に向かう列車でも、乗客の目的は人それぞれ。乗客の数だけ、それぞれが抱えている物語があるんだね。普通は、互いに知られることないまま列車を降りて終わってしまうもの。でも、ちょっとしたきっかけで乗客同士が接触すると。それぞれが抱えていた物語がほんの少し相手に伝わって、そこに新しい物語が生まれる。自分と全く違う誰かと関わることによって初めて、みんな自分にとっての大事なチケットを手に入れることができるんだね。

**以下、ネタバレあり**


ひとつだけ残念だったのは、第一部と第三部が同じアルバニア難民オチだったこと。作品に一貫性を持たせるための工夫でもあるんだろうけど、第三部でケン・ローチが思い切りこれを主題に持ってくるなら、第一部の教授が最後にとる行動は、誰か別の人に向けたものであってほしかったな。なんかこれだと、慈善の対象=難民、という一方的な感じがしないでもないし、あのアルバニア人一家、こんなに人に親切にされておいて盗みかよ、という悪い印象も持たれかねない。

特にローチさんの話は、一歩間違えれば独善的で説教くさくなってしまうものだしね。そうならないで済んだのは、難民一家と接するセルティックファン三人組があまりにおバカであるという一点につきるんだけど。(同様に、オルミさんの話の教授も、夢想家っていうか妄想入ってる人がやっと小さな行動に出るから微笑ましいんだよな。)実を言うと、イギリスのバカモノサポーターと難民少年っていう組み合わせは、ジャスミン・ディズダー監督の「ビューティフル・ピープル」(1999年英)を思い出させて、あまり新鮮さは感じなかった。あっちの方がより強烈な設定で、しかも難民側の立場の人が描いていたわけだし。でも、ローチさんのボンクラ兄ちゃんたちだからこそ、観ている側に突きつけられるリアリティというのも、またあるわけで。実際、自分があの三人組の立場だったらどうすると思う?と考えると、正直なところ私はまだ答えが出せないんだよね。

異なるバックグラウンドを抱えた人間同士が出会う。地続きの大陸ならではの感覚。ヨーロッパの列車の旅っておもしろいだろうな、と思う。だけど、小心者の自分じゃ、予約した席にあんなオバチャンが座っていたら対処できないわ…無理だ。キアロスタミさんのあのオバチャン、作品中最も強烈な存在でした。それから、イタリアの携帯は10年使えるらしいこと(あのオバチャンなら壊れても無料で修理させてそうだが)、スコットランドのスーパーのサンドイッチは本当に不味そうなこと(ハムとマンゴー…)も印象的でした…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dstories.blog9.fc2.com/tb.php/106-a5250430
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。