FC2ブログ

Storytellers Cafe

「ある子供」

ベルギーのダルデンヌ兄弟監督作品、「ある子供」(L'Enfant:2005年)を観てきた。

この人たちの映画、初めて観たけど、いつもこんな感じなんでしょうか?圧倒されるほどのドキュメンタリータッチ。虚飾のなさっぷりに、こういう映画もアリだったのか、と素直に驚いた。フィクションにここまで無造作なリアリティを感じさせる裏には、相当計算しつくした演出があるんだろう。

しかしまいったのは、手持ちカメラで映像がぶれること。普通に観る分にはそれほどひどくはないと思うんだけど、ミニシアターで席が前の方になってしまったので、見事に酔いまくり。というわけで、以下は、目が回ってムカムカした極限状態での感想になります。ああ、もう少しいいコンディションで観たかった…。

**以下、少しネタバレ**

一言で言ったら、子どもが子どもを作っちゃって困ったよという話。父親になった自覚のない20歳無職その日暮らしの男は、生まれたばかりの赤ん坊をこともなげに売り払ってしまう。

公式サイトの宣伝文句なんかを見ると、そんな心ない若者が痛みを知って愛に目覚めるまでの物語、みたいな印象を受けるんだけど、かなり違ったよ。こいつ、別に冷血なわけではなくて、ただ考えなしで心が成長してない困ったガキなんだ。子供売っちゃったけど、またできるからいいじゃん、と軽い気持ちで彼女に報告して、彼女がショックで倒れたらびっくりして焦って子供を取り返して。恥ずかしげもなく嘘ついたり、人に泣きついたり。腹へってるんだよぅお金貸してよぅ。って、オマエなぁ…。行動の基準が、あまりにも幼稚で唖然とする。でも…こういう奴、現実にいるよね…生々しいったらありゃしない。

主人公役のジェレミー・レニエとその彼女役デボラ・フランソワが、演技とは思えないほど完璧に、幼稚なダメカップルを演じている。あまりのリアルさに、ツッコミを入れることもできず、笑うことも怒ることもできず、ただひたすら、こういう若者が育ってしまう背景ってなんなのだろう、この時代の閉塞感はいったいなんなのだろう…と考えさせられてしまった。

最後の涙もね。彼の成長の証とは思いづらくて。私には、どうしようもない感情に流されるまま泣いている、どうしようもない奴に見えて仕方なかった。(もしかしたら、その時の自分の精神状態によって、違うものに見えるのかもしれないけれど。)でも、どうしようもない奴なりに、自分のどうしようもなさをさらけ出して、人とのつながりを求めている自分を自覚することができた。かすかな希望を見出すとしたら、そのへんだろうか。なーんて。スクリーン酔いが許す限りの思考能力をフルに使ってしまったよ。

そういえばこれ、去年のカンヌ映画祭パルムドール受賞作なんだけど、その時の審査委員長ってエミール・クストリッツァだったんだよね。自分の作風とここまで違う(クストリッツァの手にかかると、たとえドキュメンタリーでもシュールにぶっ飛んじゃうから…)作品を選んだっていうのがおもしろい。きっとそこには何か深い理由が…などと無理やり考えようとしていたんだけど、今ちょっと調べたら、この作品を選んだのは他の審査員たちで、クストリッツァ自身はお友だちジム・ジャームッシュの作品を推してたそうだ。なんとなくほっとする(^^;
スポンサーサイト



ピクサーとか買収とか

あちこちでニュースになってるけど、ディズニーがピクサーを買収
実現しちゃったの。へぇー。

…テンション低い感想だなぁ。でも正直、別にうれしくなかったです。

元々、ディズニーとピクサー、早く別れちゃえばいいのにと思ってたからなぁ。ピクサーの万人受け路線とは違う、今のWDFAが好きだったから。何かとピクサーと比べられたり混同されたりするのも嫌だったから。一般的には、今回の買収でピクサーが独自性を失う心配の方がされてるみたいだけど、逆だよなぁ。今のピクサーよりWDFAの方がマイノリティの独自路線だし、立場も弱そうだって。

WDFAがCGに移行した今、ピクサーとどう共存させていくつもりなんだ?WDFAを手描きアニメーション専門に戻してCGはピクサーに、と簡単に棲み分けできるなら分かりやすいけど、それは今さら無理な話。あの手描き→CGへの大リストラはなんだったんだよオイってことになる。このままだと最悪、WDFAもう要らなくねーか?という展開もなくもないかも。とりあえず、WDFAのCG長編作品は少なくとも数作は製作中なわけだし、特に2008年に「アメリカン・ドッグ」が控えてることを考えると、今回のことで影響が出なきゃいいんだけど…。

アップルのスティーブ・ジョブズが強い発言権を持つというのも、どうなのよ。ジョブズという人は、大したビジネスマンかもしれないが、映画に関しては何も解ってない人だと思う。かつてのブラベアやトレプラに対する一方的な暴言が物語ってるじゃん。彼にとっては収益がすべてだよ。

悲観論と言われればそれまでだけど、今回の買収でディズニー映画の未来が明るくなるなんて、とても思えないんだわ。むしろ、つまんないことになりそう。

でもこんな否定的意見は世間的にナシかなーと思っていたら、そうでもないみたい。Jim Hillさんがいつになく辛口でいろいろ書いてた。
When it comes to the Disney / Pixar merger, does "Happily Ever After" come at too high a price?

そう。そうなんだよね。“This is America”って悲しいけど説得力あるよなぁ。結局、この一言に尽きてしまう世界なんだ。ピクサーという会社は、今が世間的に好意を持たれている絶頂期。トップに留まっていられるブランドなんてない。登りつめたら後は、落ちるだけです。“ディズニーは大金積んでピクサーをダメにした。あーなんてアホな企業。” そんな展開になっても全然おかしくない。

だからね。もう、いちいち興味が持てなくなってしまったわ。でかい企業が金の力であーだこーだやってることに。それはもう、映画というアートへの関心とは全く別の世界じゃん。どうでもいいや。

気にかかることっていったら、この先のWDFAで、クリス・サンダースやマーク・ディンダルが好きな作品を作っていけるのかっていう、それだけだなぁ。

「ベルヴィル・ランデブー」

観たです。ようやく。絵だけで食わず嫌いしてたフレンチ・アニメーション「ベルヴィル・ランデブー」(LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE:2002年)。

大抵、私の食わず嫌いは食ってみたら気に入ったというオチが多いんだけど、今回は、食っても嫌いでした…ゴメンナサイ。世界的に絶賛されてるのに…ショック。以下、マイナスコメント中心なので、気を悪くしそうだったら読まないでください。ゴメンナサイ。

やっぱりあの絵はダメ。なんか、小さい頃よく見た怖い夢にそっくりでうなされそう。趣味が合いさえすれば、素晴らしく楽しめる映像世界だとは思うんだけど。病的なほど描き込まれた背景とか、独特の色使い、悪意を感じるほど極端にデフォルメされたキャラクター…ここまで独自の世界を貫いた映像、確かにすごいのはわかったさ。でも怖いのさ。

個人的に、度々出てくる犬の夢のシーンだけは妙に気に入った。シュールな感じとか大胆なアングルとかが、なんとなくコーエン兄弟の映画みたいで好き。

冒頭の部分(TVの映像という設定)だけ、アニメーションのタッチが全く違っていた。古き善きハリウッドというか、シリー・シンフォニーの頃のディズニーを少し髣髴させる感じなんだけど、これがまた気味が悪い。本編?になると、70年代の「おしゃれキャット」みたいに線の汚い絵に変わる。徹底したアートスタイル。シルヴァン・ショメ監督ってよっぽどの完璧主義者なんだろうなぁ。

お話は、誘拐された孫を救うため、パワフルなばあちゃんがダメ犬を連れて奮闘するというのがおもしろい。が、全体を流れる閉塞感というか、閉ざされた世界観が受けつけなかった。音楽もアンニュイな感じだし。毒のあるものが決して嫌いなわけではないが、この世のすべてに対して肯定的になれないような、嫌悪感に近いものをこう見せつけられるとね…。ショメさん、人生はもっといいもんだぜ、明るい部分を見てみなよ、と言いたくなってしまったのは単に私の感性がお子ちゃまだからでしょうか。

とにかく、アメリカが嫌い、ハリウッドが大嫌い、というのはよくわかった。悪役の醜い顔がハンバーガー屋の看板に被り、お金のないばあちゃんがデブの店員に英語で追い出される。大都会ベルヴィルは、NYのようでもあり、シンデレラ城のようでもあり。アメリカ批判、グローバリズム批判は、やり方によっては痛快なものだけど、この場合は理由のないただの毛嫌いみたいな感じがして、大人のアートを狙った作品としてはマイナスになってしまった気がする。

特にすごいのがね、隠れキャラっぽくミッキーマウス型のウンコが出てくるとこ。あれには目を疑ったさ。下品な話で悪いけど、だって本当にウンコだったんだよ、ウンコ!(って連呼するなよ…)それも、アハ、クソミッキー!みたいに笑える雰囲気じゃなくて、なんというか、クラスの人気者を妬んでこっそり靴にウンコつけとくみたいな、陰湿な感じでこそっと出てくる。いやーまいったね。アメリカのアイコンとしてのミッキーマウスが皮肉の対象になるのは自然なことなので、別に、ミッキーを汚して!なんて怒る気はさらさらないんですけど。こんなやり方じゃ笑えませんことよ。まあ、ジ○リが配給したがるわけだわ。(しかし、DVDは当然ブエナビスタ…ああ世の中って複雑。)

執拗に出てくる蛙の怖い描写にも、よくわからない悪意が感じられた。蛙がダメな人は絶対見ちゃいけませんね。トラウマになること確実。特に蛙嫌いじゃない私だって吐きそうになったぞ、あれ。

でも一番怖かったのって何かっていったら、魔女みたいな三人姉妹よりフレンチマフィアより結局あの孫だよなぁ…。最後に僅かな人間的成長を見せたとはいえ。ああでも、孫がああなっちゃったのは元はといえばあのばあちゃんのせい…あはははは~(怖い)。やっぱり、ショメさん人間嫌いでしょ?

「チキン・リトル」サウンドトラック

先日買った「チキン・リトル」のサントラ(輸入版)。まあまあ、だったかな。

映画を観た時に、このサントラはおもしろいに違いない!と思ってたほどではなかった。考えてみりゃ分かるだろって話だけど、音楽だけ単独で聴いてもただの懐メロ系ポップスだもんね。それこそ、舞浜のイベントとかでそのまま使えそうな感じの。あれは、無茶苦茶なディンダルワールドの中に放り込まれてこそのおもしろさだったのか…。

ジョン・デブニーの手がけたスコアも同様。聴いてるだけだと、大味でありがちなハリウッド映画って感じ。(そこはかとなくB級な匂いを漂わせてるあたりはいいけど。)この大げさに緊迫した音楽が、くだらない映像と合わさって絶妙なバカバカしさを醸し出していたのは、音だけじゃ分かりっこないもんね。惜しい。

要するに、音楽が話を引っ張っていく映画じゃないからなのよね。だから、コテコテのメンケン・ミュージカル「ホーム・オン・ザ・レンジ」とか、ミュージカル要素なしでもスコア重視だった「トレジャー・プラネット」あたりのサントラの充実度と比べてはいけないのよね。なんとなく物足りない気がしても仕方ないのよね…。はん。

とはいえ。それだけだったら買わんでもよかった、と思ってしまう「チキン・リトル」サントラを救ったもの…それは劇中でチキン・リトルと愉快な仲間たちが歌う曲。エンディングのあれを含めて、3曲入ってますが、どれもこれもおバカでおバカでおバカだったらもう。チキン・リトルがアカペラで腰砕けに熱唱する“We Are the Champions”の替え歌、思わず「とほほ」と呟きたくなる感じ。これをわざわざ収録してる時点で泣ける。さらに、ラントとアビーの“Wannabe”なんて、もう…始まった途端に膝カックンされた気分。ちょっぴりもの好き(キワモノ好き?)の自分としては、このへんで充分元とれました。

(そういえば、普通なら子どもの声は子役が演じるところを、「チキン・リトル」は全員いい大人がやけっぱちに声当ててるんですよね…そんなところも好きだな~。知らなかったけど、ポーキュパインとか何気にディンダル本人だったし。笑)

どうせだったら、挿入曲すべて、チキン・リトルと仲間たちがカバーしてればもっと楽しかったかも。いや、これからでも、そんなカバーアルバム出ないかな?「ラントが歌うバーブラ・ストライザンドコレクション」とか。どう?(って言われてもなぁ。)

あ、それより、ディズニーソングコレクションがいいかも。どうせなら今までのディンダルキャラ総出演で、「イッツ・ア・ディンダル・ワールド」。これだ。なんか、マイク持ったら離さないタイプばっかりだもんね。「キャッツ・ドント・ダンス」チームとか明らかにディズニーキャラじゃないけど、既存のディズニー系コンピレーションの節操のなさを考えれば、そのくらい気にならないさ。

ラントとアビーがノリノリで歌う“好きにならずにいられない”、クロンクさんとバッキーがリス語で歌う“君はともだち”、イズマの部下の皆さんがステップを踏み外しまくる“踊ろう、調子よく”…。最後はもちろん、ダーラ・ディンプル嬢が大声量で歌い踊りのたうち回る(笑)ディズニープリンセス・メドレーで。我ながら、ちょっといい企画だと思うんですが。どう?(って言われても、ねぇ…)

A Happy New Year

Hau'oli makahiki hou!!(←たぶん1年ぶりに思い出したハワイ語。笑)

昨年は、ヒヨコ(ホーム・オン・ザ・レンジ)にはじまりチキン(・リトル)に終わったまさに酉年な1年でした。1年に2本もツボにはまるWDFA映画に出会うことができて、実り多い年だったなぁ。今年は…WDFA作品の公開がないのね。次回作の「ミート・ザ・ロビンソンズ」(だっけ?)が来年春かな?せっかくのワンコ年。マイヒーロー、クリス・サンダースの「アメリカン・ドッグ」(2008年公開?)が当初の予定では今年だったのに…残念。

(そういえば、相方のディーンさんの実写映画ってどうなったんだ?確か、今年公開予定だったはずだけどさっぱり音沙汰ないような…まだ企画として生き残ってる?(^^;)

でもワンコといえば、全然WDFAじゃないですけど、3月の「ウォレス&グルミット」がとっても楽しみだったり…。

このBlog(及びサイトたち…)も、いつまで続くかわからないけど、あちこち脱線しながら気の向くまま、思いついた時に、ぼちぼちとやっていきたいです。

みなさまにとって、たくさん笑える、幸せな1年になりますように。