FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ復活

えーと、生きてます一応(笑)

なんかわけがわからないうちに過ぎた1ヶ月でした。

突然自分の身に起きた異常に気づいたのは、先月末の仕事中。…あれ、片目がちゃんと見えてない…?なぜか、まっすぐな線が歪んで見える。最初は単なる目の疲れかと思ったけど、翌日になっても治らず、なんとなくただごとじゃない気がして眼科へ。検査を受けたらすぐはっきりするかと思いきや、「総合病院で精密検査を受けてください」と紹介状を書かれてしまい、釈然としない気持ちで帰宅。

この時点ではそれほど大したこととは思えなかったので、月末月初の仕事が一段落してから紹介された総合病院へ。

検査の結果、あっさり「網膜剥離ですね。」 もうまくはくり…??と言われても、漢字が即座に思い浮かばないくらいぴんとこない。「早急に手術する必要があります」 しゅ、手術?!「このまま手術しないと、どんどん見えなくなりますから」 おいおい、失明かよ?!「局部麻酔の手術だと痛いかもしれませんが、どうします?」 えーと、もちろん全身麻酔でお願いします(←へたれ)「では、今から入院の手続きをしてください」 そ、そんな急に言われても(笑)

って全然笑ってる場合じゃないんですが、人間、どうしようもない状況になると笑ってしまうものなんですね。突然すぎて、すべてが何かの冗談みたいにしか思えなくて、とりあえず笑ってしまいました。

後からいろいろ説明を受けてようやく知ったのだけど、網膜剥離(参照)というのは網膜が裂けたり孔ができたりして、そこから水が入り込んで網膜が剥がれてしまうという症状で、1万人に1人の割合で起こる病気。孔が開いただけならレーザー治療などでわりと簡単に治ったりもするようなんですが、私の場合は、相当以前から孔があったのに自覚症状がなく、剥離が進んで視覚に異常が出てから気づいたので、かなりヤバイ状態まできていて即手術になったらしい。

知人に報告したら「ボクシングやってた?」とか自分的にあり得ないことを聞かれたんですが(笑)そういう外からの衝撃がなくても、体質で孔が開きやすかったりするんだって。あと、まだ若いのに…という言葉をかけられる度に軽くへこんだりしてたんですが、実は20代でも危険性が高い病気だと知って、なんとなくほっとしたり(笑) とにかく、強度の近視で網膜剥離になりやすい要因がぴったり当てはまるのに今まで全く無自覚だった自分に、バーカバーカと言ってやりたくなりました。

目のことは、侮るとほんと怖いですよ。皆さん気をつけてくださいね。

で、なんだかよくわかんないうちに入院生活が始まる。幸いだったのは、急に会社を休んでも文句ひとつ言われず、快く仕事を代わってくれる人がたくさんいたことですね。この点はほんと、恵まれてると思った。周りの人たちに感謝です。

手術までの数日は、剥離をこれ以上広げないため、絶対安静。体はぴんぴんしてるのに歩き回ることもできず車椅子に乗ったりして、なんだかねぇ…などと呑気に自分にツッコミを入れておりました。とにかく、体は動かせない、目は使えない、頭を下げちゃいけないから横になって寝ることもできない、という状態は退屈で気が狂いそうになるのさ。周りの患者さんはおばあちゃんおじいちゃんばっかりだし、もうどうしようかと。

よく、忙しい日が続いた時なんかに一日中何もしないでぼーっとしてられたらいいのに…なんて思うことがあったけど、何もしちゃいけない、何もできない、という状態はいざなってみるとキツイものがありますね。だから、手術の日が待ち遠しくて待ち遠しくて。始まったら全身麻酔で寝てれば済むんだから、なんて考えてて。全くいい気なもんです。

これまで大きな病気もしたことがなくて、手術なんて初めての経験だったから、担架で手術室に運ばれてる間も、うわーなんかドラマみたい、なんてアホなことしか考えてませんでした。手術室でエンヤが流れていた以外は、特に不安もなく。(エンヤって怖くてダメ…変?)手術自体は3時間半かかる大変なものだったらしいんだけど、もちろん麻酔の効果でぐっすりなので知りません。ここまでは、楽勝。

本当の試練は、ここからだったのですネ…

麻酔が覚めたとたんに、目に激痛が走ってぎょっとしました。冷静に考えれば、眼球の表面にメスを入れて縫い合わせてるんだから、痛いのは当たり前。何の勘違いか、手術が終わった瞬間に完治、と思い込んでた自分の能天気さに呆れまくり。それから2、3日は、麻酔や鎮痛剤のお世話になりました。眼帯を外すと傷跡が非常に生々しく、我ながらホラーだったなぁ…。手術すればすぐ元通りに見えるようになるのかと思っていたので、そうでもなさそうだとようやく気づいてしばし呆然としたり。そして、何が辛かったかって、手術後一週間、顔と頭が洗えなかったこと。いっしゅうかん。長かった…。

退院して、元の生活通りとはいかないけど少しずつ、いろんなことができるようになってきて、普通に暮らせるってそれだけでなんて幸せなことなんだろうと思いました。

今はまだ経過観察中だけど、剥離がかなり長い間放置されていたためか、ものが歪んで見える症状は手術前と変わらず残ってしまっていて、なんだかねぇ?という気分。でも、失明しないで済んだんだから、それだけでもよかったと思うべきかな。この状態にもかなり慣れちゃったので、大して不自由しなくなってきたし。

これからは目を疲れさせないようにネットも控えなければ、なんて思ってたんだけど、考えてみれば自分のサイトはかなり以前からほとんど放置状態(ごめんなさいごめんなさい)だし、最近はネット見てる時間もめっきり短くなってたから、今まで通りで問題なさそうなんだよなぁ。さすがに細かい画像処理とかイラストとか、目を酷使することはもうやめようと思うけど。今まで通り、ブログに好きなこと書いたり、忘れた頃にサイト本体の更新もしてみたり、お気に入りのサイトを巡回したり、というくらいは続けられるんじゃないかと。

というわけでぼちぼち復活です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。