FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アワーミュージック」

私用をいろいろ片付けるため、1日休暇をとってあちこちまわっている途中、日比谷でぽっかり時間が空いてしまった。歩き回った後で買い物するのも疲れるし、ちょうど近くに映画館があったから、入ってみる。

上映されてるのは、「四月の雪」と「愛をつづる詩」と「アワーミュージック」と「マザーテレサ」…うーん、あまり選択の余地なし。とりあえずぺー様は論外だし、「愛をつづる詩」はサリー・ポッター監督作品っていうだけで受けつけないし(この人の映画は一作観ただけで個人的に無理だと思った)、「マザーテレサ」はあんまり興味も持てないうえ時間が合わない。というわけで、ゴダールの「アワーミュージック」(原題:Notre Musique ってことはHourじゃなくてOur Musicなのね)を鑑賞。

あー、しまったと思いました。これってゴダール映画のファンが、待望の新作!とかいって遠くからでもはるばる観に来るような作品だよね。自分みたいに、ゴダール?フランスの巨匠だっけ?という程度の人間が恐れ多くも暇つぶしに観るもんじゃない。ただただすいません…な気分だった。

案の定、内容はさっぱりわからない。でも、すごく久々に大学に戻ったような気分が味わえた。難解だけど、貴重な教授の講義だから真剣に受けなくちゃと思いつつ、気がついたらうつらうつら、みたいな状態(笑) 実際、今より多少なりとも知的好奇心のあった学生の頃だったら、もう少し得るものがあったのかもしれないけどな…。

映画は3つのパートに分かれていて、最初が“地獄”編。古今東西の戦争の映像が次々に映し出される。ピアノの不協和音が神経を逆撫でするように響き、映像は凄惨というより、時々美しく見えて空恐ろしい。

次の“煉獄”編では、サラエヴォを訪れたゴダールとジャーナリストたちの対話が繰り広げられる。実在の知識人が数人出てきたようだが、当然勉強不足の私は誰も知らず。話の内容もほとんどわからず。しかし、そこにある圧倒的な他者性は、強く心に引っかかる。彼らは、ボスニア紛争のことはほとんど話さない。(「民族浄化」という表現が出てくるが、これも当事者ではない西側の人間の言葉として、意識的に用いられているような気がした。)彼らの関心は、パレスチナ・イスラエルに向いている。サラエヴォの街の喧騒も、静かな怒りを湛えたインディアンの男女の姿も、ここではまるで他人事。ホメロスはトロイ戦争に行かなかった、など、第三者の立場で語ることへのエクスキューズとも受け取れる会話も出てくる。

誰が言ったのか忘れたが、こんな感じのセリフ(かなりうろ覚え)が強烈に印象的だった。「世界は、身の不幸を嘆く敗者と、それを聞いて優越感を持つ者だけに分かれている。」突き詰めれば、今の世の中確かにそうかも。だけど、虚しすぎる…。

最後の“天国”編は、イスラエルで自爆テロと疑われて射殺された若い女性が、明るい森の中を歩いていく情景で終わる。が、自分には彼女の自殺願望は全く理解できなかったし、米兵がいて鉄条網の張られた天国の描写に安らぎも見出せない。

観てよかった、とは思うんだけど…。これだけの内容の重さにもかかわらず、陰鬱な雰囲気は全然なくて、映画館を出る時はなぜか清清しい気分になったんだけど…。それでも映画の宣伝に書かれているような“若い世代へのやさしいまなざし”は、最後まで感じ取ることができないまま。結局、ゴダールのアワ・ミュージックは、悲しいことに自分にとってはユア・ミュージックなのだった。
スポンサーサイト

「シンデレラ」プラチナ・エディションDVD

長年発売が待たれていた「シンデレラ」DVDがとうとう出ました。とりあえず、2枚組の“プラチナ・エディション”の方を購入。

<本編について>

以下ネタバレあり…っていうかいまさらネタバレっていうストーリーでもないか?

「シンデレラ」、まともに観たのってもしかしたら20年ぶりくらいかも。どうも50、60年代のディズニー映画は、あまり興味が持てないというか好きになれないんだけど…。

これが今から55年も前に作られたことを思うと、すごいわやっぱり。デジタル・リマスターで蘇った映像は本当にきれいで、今観ても動きは素晴らしいし、レイアウトは新鮮だし。あのシャボン玉のシーンとか、当時の技術で普通の神経じゃ作れないよね。

でもなにより衝撃的だったのは、シンデレラ、全然ラブストーリーじゃないじゃん、という事実。シンデレラと王子とのエピソードなんてほんの一瞬。目が合ってダンスして12時になってハイおしまい、みたいな。(しかし、星空の下で踊って月明かりの橋の上で語らうなんて、今じゃ恥ずかしすぎて誰も描けません。ピュアというか単純というか、ベタが通じた古き良き時代というか。)

それにひきかえ、ネズミとネコと犬の狂騒的攻防戦の長いこと長いこと。いや、動物が活躍するのは好きだし、ネズミも好きだけどさ…こんなにいっぱい出てきて超絶ベビーボイスで歌われるとさすがに頭痛くなるわ。犬猫は思いっきり不細工だし。どう考えても、動物絡みのシーンだけノリが別物。特典映像で、この部分を担当したのがナイン・オールド・メンの変人ウォード・キンボールってのを知って納得した。この人のカートゥーン、クレイジー過ぎて正直ついてけないのよー。

それでなくても、現在「シンデレラ」がプリンセス代表格として扱われてるのは違うよなと、改めて思う。シンデレラって姫じゃないし、王子と結婚したいとも思ってないし。ただ、最初に目の合った男と踊ってたらそれがたまたまプリンスだったの…って本当は計算だったんじゃないのか?という気はするが(笑)純粋姫の白雪姫やオーロラとくらべて、しゃべり方も身のこなしも庶民っぽくて、この時代にしては人間くさいヒロインだったんじゃない?何気に強気で口答えするし、文句つけるし、この娘なかなかやります。一番すごいのは、ガラスの靴が割れちゃっても顔色ひとつ変えないシーンでしょう。これが白雪姫なら失神。やっぱり、シンデレラはやり手。

原作にない、ガラスの靴が割れるくだりは秀逸だけど、惜しいのは、映像特典で紹介されてる少し捻ったエンディングが結局カットされて、単純なウェディングシーンで終わってしまったところかな。ボロ姿のままお城に連れてこられたシンデレラを、王子がためらいなく受け入れてハッピーエンドとなる予定だったらしいんですよ。当時の感覚でどうだったかはともかく、今ならその方が好まれるよね。少なくともお人形王子の株はあがってたはずだ。

<特典について>

プラチナ・エディションなんていうから、よっぽど特典映像が充実してるのかと思いきや、いきなり、音声解説がなくて拍子抜け。ちょっと、ジョン・ケインメーカーでもレナード・マルティンおじさんでも誰でもいいから、なんか解説してよって感じ。

でも、DISC 2の「製作の舞台裏」は、かなり満足できる内容だった。メイキング編は見応えがあるし、ナイン・オールド・メンへのトリビュートもよかったなぁ。彼らと働いた経験のある現代のクリエーターたちが集まって思い出を語るという企画で、おなじみグレン・キーンやアンドレアス・デジャ、珍しいところでは「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード、うれしいことに久々に見るジョン・マスカー&ロン・クレメンツまで揃った大物メンバー。まあ、彼ら自身が相当オールド・メンになってきたな、というお姿でちょっと寂しい気もしますが…。その後に続く世代としては、クリス&ディーン、マーク・ディンダル、ジョン・サンフォードあたりがいるから大丈夫かな。全員異端児っぽいけど(笑)

コンセプトアートを手がけたメアリ・ブレアへのトリビュートも、心憎い。この人、ディズニーパークの“it's a small world”のデザインで有名だけど、アニメーション分野でもすごく影響力があったんですね。当時、女性で活躍していたアーティストって珍しいし、これからもっと評価される人じゃないかな。

未公開シーンやストーリーボードの紹介、ギャラリーなどお約束的な特典も、納得の充実度。当時のラジオ放送や1922年に作られた白黒の「シンデレラ」(シュールすぎて怖い)は相当貴重な資料だろうし。

と、ここまでの賛辞で終わりにしたいところなんだけど…。

残念というか腹立たしいことに、この他の映像特典と称するものが、ひどすぎて手に負えなくって、どうにもこうにも。こじつけすぎて理解に苦しむ“スポーツ界のシンデレラストーリー”だとか、女児ターゲットにプリンセスブームを露骨に売り込む“プリンセスのすべて”だとか。もう、クズ、としか呼べない。なんか、今のディズニーという企業の最低な部分をこれでもかと見せつけられたようで、久々にDVDを投げつけたくなったよ。こんなことで企業イメージを下げまくってることになんで気がつかないかなー。まったく恥ずかしい。

2枚組じゃなくてもいいから、本編とまともな映像特典だけで構成されてたら、何も文句なかったのに。次のプラチナ・エディションDVDは「わんわん物語」?なんだかプラチナ・エディションという言葉に信用がおけなくなってきて、正直、買うか微妙だな…。


あ、全然関係ないけど。

“Kronk's New Groove”(「ラマになった王様」のチープ続編DVD)ってガセかと思ってたら本当に出ちゃうんですか。うーん、予告だけで激しくつまんなそう(^^;

さらに全然関係ないけど…

「ターザン」ブロードウェイ化の後は、ラスベガスに進出?というJim Hillの記事を見て、即座にラメ衣装のゴリラが“My Way”を熱唱する姿が浮かび…それは「ジャングル・ジョージ」だと気づく今日この頃(^^;;

LIVE IS A MIRACLE DVD

先日、フランスのDVDなんて見らんない~~と騒いだ(↓)後でふと気づいたんだけど、ヨーロッパと日本ってDVDのリージョンコードが一緒なのね。じゃあ無問題かというと、そうではなくってテレビに映す時の放送方式が日本や北米のNTSCと違うPAL方式だから見れない。ん?でも、ってことはさ、PCで見る分には問題ないんでないかい??と思ってちょっと調べたら、これがいけそうなんですねー。(ただし、再生ソフトによっては稀に映らないこともあるそう)

早速Amazon.frで注文してみましたDVD版“LIVE IS A MIRACLE IN BUENOS AIRES”。とりあえずフランス語なんて一言もわかんない人間なので、無事に現物が届いた時点で注文できてたー!とバカ喜びなんですが、PCに入れてみると、ほんとに見れたーー!(歓)

(すいません、こんなこと一般常識だったのかもだけど、自分の中では大発見だったんで…)

このライヴDVD、最っ高に楽しい!とりあえず、「SUPER 8」のライヴ映像に物足りなさを感じた人、これ絶対買い!クストリッツァ作品を離れて、純粋にノー・スモーキング・オーケストラというバンドのライヴを体感するために撮られたDVDだから。途中で脱臼とか、楽屋で大ゲンカとか突然コントとかは一切映らない(笑)けどその分、120分間ひたすらカッコいいおやじたちです…たぶん。(なんでそこで弱気になる?)

ステージに出てくる時は、相変わらずかったるそうで服装もめちゃくちゃ。なんかとりあえず朝起きた時の格好のまま来ちゃいましたみたいなおっさんとかいるし…。っていうか、デヤン判事のその格好は誰がどう見てもミュージシャンじゃありませんから(笑)しかも、若手が2人抜けて、替わりに入ったのがまたギャグかと思うようなものすごいおっさんです。(ネレの弟(キーボードのおっちゃん)も不在だったけど、在籍はしてるはず。)平均年齢、飛躍的に上がったな。以前からの面々も「SUPER 8」の頃に比べて、うわー老けたなーという印象なんだけど、なんかいい年のとり方してるんだよねぇこの人たち。

そんなおやじたちがステージで演奏し始めると、途端にテンション高くなってカッコよくって、あまりのギャップが爽快。まさにライヴはミラクル!正直、彼らがここまでカッコいいとは知りませんでした。コミックバンドかと疑ったりして申っし訳ない!と平謝りたい気分。演奏といい、魅せ方といい、客の煽り方といい、本当にプロだなぁと。ただ、クストリッツァはやっぱりギターよりカメラ抱えてる方が様になってる気がしたけど…(笑)なんていうか、彼らの格好よさは、ダサ格好悪さを突き抜けた格好よさだから怖いものナシって感じなんですね。相変わらず、アクは強いしアホバカなパフォーマンス繰り広げてるから、この悪ノリがダメな人には嫌悪されそうだけど。個人的には問題ナシ、ていうかこのおっさんたちに限りもう何でもアリな心境。

また、客席の迫力がすごいんだわ。相当でっかい会場を2階席の端まで埋め尽くし、老若男女総立ちっていうか飛び跳ねてます。なんか気持ち悪いほど波打ってます。ステージに向かって花は飛んでくるし札は飛んでくるし部屋の鍵まで飛んでくるし(笑)ステージにあがってダイブし始める奴らとかいるし(あれはさくら?)すごいよブエノスアイレス…。こりゃあ、来日する時が来たら東京ドーム埋め尽くすくらいはしないとまずいよ。

ちょっとばかり、真面目な話。今まで全く知らなかったノー・スモーキングというバンド(というか、それ以前のZabranjeno Pušenjeというバンド)の歴史を探ってみると、これが知れば知るほど複雑で、バカ楽しいステージからは想像もつかないくらい、やり切れない気持ちになるんですね。(旧ユーゴのあのへんの事情は、簡単に理解しようなんてとっても無理で、同じことが書く人の立場で全く違った印象に書かれてたり、そもそも英語で書かれたものしか読めない時点で自分の情報源が偏ってるのかもしれなかったりするんだけど…。)10代の頃から、たびたび国家の圧力を受けながらもパンクやり続けたネレと仲間たち。国が崩壊して、仲間がバラバラになって、故郷にいられなくなって、移り住んだ街がまた爆撃されて…信じらんないくらい重い現実があったんだな。ワールドバンドとして成功した今の彼らについて、賛否両論はあるんだろうけど、そういう重さをすべてバカ明るいエネルギーに変えてしまう音楽って、ホンモノだと思うのよ。それに、どんなに成功しても決してポップスターにならない、アンダーグラウンドミュージックを貫くっていう反骨精神は、純粋にカッコいいと思う。

DVD特典のインタビューによると、クストリッツァの新作含め、この先も何やらいろいろ活動計画があるそうで。(オペラって…オペラって何よ?!)今後も目が離せない!っていうかやっぱり来日して!

「チキン・リトル」って大丈夫?

はい、余計なお世話といえばそれまでだけど(笑)

チキン・リトル」日本公開日が12月17日に決まったのですね。(全米公開は11月4日)日本でクリスマス・正月映画としてWDFA作品を堂々と出すのって相当久々だと思うんだけど、話題性はあるのでいける、と睨んだのでしょうか。うん…大丈夫か?

とりあえず、字幕と吹き替え両方あるらしいんでほっとした次第。(改めて「ラマ」って…)ていうか、今回の吹き替えって本気であの予告編のまま?最初にディズニーストアであれが聞こえてきた時、にわかに信じられないほどイメージ外してたんですが。いや、信じたくないよこれは…。

相変わらず、どういうセンスなんだと思うような予告編作ってますし。どう捻っても感動系じゃないだろこの映画?アメリカ版は、それなりにフルマー&ディンダル色が感じられておもしろそうなんだけど。

まあそんなことはどうでもいいんだ。日本の宣伝なんて、もう慣れたさ。それより、ほんとにチキンリトル大丈夫?と思ったのは、これ見た時。

リトル・スシ屋…って…

いや、こういうのって、もうあらゆることをやり尽くしてネタのなくなったキャラが行き着くとこでしょ?某くまのぷーさんとか。最初からこれでどうするチキン。

なんかこの子って、つくづくダメキャラ…見てるだけで力抜けてくるんですけど。そもそもキャラクターデザインがやる気あんのか?って感じだし。ディンダル監督といえばとにかくウザいとか暑苦しいとかアクが強いとか濃いいキャラってイメージだったから、このタイプは新鮮?なかなかいいかもね。しかも脇役もみんなダメそうなのばっかだよ~。とにかく、友人が「ブタ」とか「みにくいアヒル」とかで、容赦なく文字通りの外見っていう時点でヤバイよな(笑)(しかもアヒルの声が、ジョーン・キューザック!楽しみー。)いいねいいね、ダメキャラ。今、かなりぐっときてます。

だからさ、日本版のキャッチコピーも「ディズニーの仲間たちも、みんなで呆れてます」とかだったらよかったのに。

LIVE IS A MIRACLE IN BUENOS AIRES

決算期で仕事が鬼のように忙しいんだけど…すっかりご執心中のノー・スモーキング・オーケストラの最新アルバム“LIVE IS A MIRACLE IN BUENOS AIRES”で疲れを吹っ飛ばしてます。

先月フランスで発売されたCDの輸入盤。こういうのが普通に手に入るって日本は便利な方だよね、と思う。ただ、同タイトルのDVDの方は、日本版を出していただかないとどうにもならないけど。

このライヴ盤、とにかくカッコエエ!今までのCDを聴いていると、そこはかとなくお笑い系の雰囲気を醸し出してたり、「SUPER 8」を観ててもヘンなおやじ集団というイメージが強かったんだけど、ごめんなさい。ライヴは純粋にカッコよかったのですね。

こんなハイテンションとハイクオリティをライヴで貫けるって、このおっさんたちやっぱりただ者じゃない!エミール・クストリッツァなんて御年50過ぎたはずだけど、なんでこんなにテンション高いの?いまだにギター弾きながらぴょんぴょん飛び跳ねてるのかな。聴いてるだけで自然と体が動き出す、っていうかこれ聴いて踊らんでどうする?!みたいな。ていうかDrネレ、ヴォーカル熱すぎカッコよすぎ。パンクおやじ万歳!もう、いくら腹が出てきたって(笑)その声だけでついていきます!って感じ。あんな声で“YOU WANT MORE?”なんて叫ばれたら、“YEAHHHHHH!!”としか言えないさー。

音だけでも楽しさがこんなに伝わってくるライヴって、いいなぁ。“判事、メヌエットを弾く”のノリ、好きです。裁判官姿のデヤンさんがヴァイオリンでボッケリーニのメヌエットを弾き始めて、周りのメンバーが脱力、ネレが「こんなのつまんねーだろ?!」と客席を煽ってメヌエット・ウンザウンザバージョンになだれ込む…みたいな展開(←あくまで音だけで想像してるんだけど)。いかにもライヴって感じで楽しいー!

今までいまいちだと思っていた“Upside Down”なんかも、ライヴでめちゃくちゃ盛り上がる曲だったとは。一番好きな“Pitbull Terrier”がスローになってたのはちょっと残念だけど。ライヴバージョンでは“Devil In The Business Class”が一番よかった。それから、“Ja Volim Te Jos /Meine Stadt”のはじけっぷりも好き。ラストナンバーでのメンバー紹介もよかったなぁ。そうそう、曲は“When Life Was A Miracle”なんだけど、途中で“Life IS A Miracle”って歌ってるとこにしびれた。カッコエエ…。

これ聴いてると、この秋の初来日予定が消えたことがますます残念。ノー・スモーキングの日本での人気ってどの程度なのかさっぱり知らないので、どのくらい需要があったのか不明だけど。今回のライヴ音源は、今年3月のブエノス・アイレス。(わざわざアルゼンチンを選んだのは、クストリッツァの次回作がマラドーナのドキュメンタリーだから?)ファンの声援がまるでサッカー場みたいにすごくて、このリアクションは日本じゃ無理かも、とは思った。「黒猫・白猫」や「SUPER 8」の日本公開時だったらともかく、今このタイミングでこんなに集客できるのかちょっと疑問だし。客席が“Bubamara”大合唱なんて、日本じゃ難しそう。そんなことない?

かといって、自分がヨーロッパや南米までライヴのために行けるかというとそれもまた限りなく無理っぽい話のようで…。だからせめて、ライヴDVDの日本版か北米版、出してください(切実)

ミニアンケート:10月

10月はハロウィン、ディズニーヴィランズの季節。でも、ミニアンケートはヴィランズ人気投票じゃ候補者数が多すぎるので、コミック系ヴィランズに絞ってみました。(ジャファーはお笑い系じゃない!とか、いろいろ意見はあると思いますがワタシ基準なんでご了承を。)邪道かもしれないけど、笑えるヴィランズが好きなんですよ。キャラが強烈なやつとか。その点では、イズマの血を引く「チキン・リトル」のフォクシーロキシーちゃんもかなりの有望株。

しかしハロウィンといえば、今年のDSのプルートはキモい…。なんか、キャラの格好が年々かわいくなくなってきてるのは気のせい?そもそも、日本のハロウィンってここ数年で無理やり定着した感があるけど、文化的背景がないからただのコスイベントって感じでなんだかなぁ、と。そんなわけで、ハロウィンイベントにはほとんど興味が持てなくなってます。カボチャリスに興奮してた時代が懐かしいわ…。

そんな私も毎年楽しみにしているのは、本場ディズニーオンラインのハロウィン衣装特集。赤ちゃん用コスチュームとか普通にかわいいんだけど、なんといっても、強引にキャラ衣装を身に着けた大人モデルたちのやけっぱちスマイルがたまらんのだわ。

ってこんなディズニーファンでいいんでしょうか自分…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。