FC2ブログ

Storytellers Cafe

「ラヴェンダーの咲く庭で」

海辺の村で静かに暮らす老姉妹と、ある日海岸に流れ着いた身元不明の若いヴァイオリニストとの出会いを描いたイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」(“Ladies in Lavender”)。自分好みのテイストじゃなさそうなのでそんなに興味はなかったが、付き合いで観て来た。

6月に上映が始まってこんなにロングランになっているのは、現実に起こったピアノマン騒動の効果だけじゃなかったのね。しみじみとしたいい映画だった。テンポがやや冗長だったり、音楽が大仰だったりという点は気に入らなかったけど、予想していたより堅すぎもせず、感傷的すぎもせず、心地よく楽しめた。

**以下ネタバレあり**

主役の姉妹を演じているのが大女優マギー・スミスとジュディ・デンチっていうから、それだけで恐ろしくって構えてしまったんだけど、この2人が実に自然に、素朴な田舎の老婦人たちになってるのよ。さすが。妹のジュディ・デンチは、孫でもおかしくない年のヴァイオリニストに恋してしまう役なんだけど、素晴らしくチャーミング。ちっともばかげてるようには見えず、ピュアな少女の初恋みたいで、本当にかわいらしいのだ。たまたま、この年齢になってから出会いがあったというだけ。決して叶わない想いであることを考えると切ないけれど、おばあちゃんになってもこんなふうに恋ができるって、素敵なことじゃない?それをそっと見守り、気遣う姉のマギー・スミスがまた素晴らしいこと。この2人じゃなきゃできない映画だね。ただ、相手役のダニエル・ブリュールはどうなんだろう…。顔はまあまあだけど、ヴァイオリンが似合ってないよー。もっと線の細い男の子がよかったな。

邦題になっている“ラヴェンダーの咲く庭”は大して出てこなかった気がするが、イギリスの田園風景が素敵。こんな所を旅してみたくなる。そこに暮らす人々の素朴な感じもよく出ていて、特に家政婦のおばちゃんはいい役だった。

時代設定は、第二次大戦間際。戦争の足音を感じさせつつ、話が大きくならないで終わったところがいい。たぶん好みの分かれるところだろうけど、とてもあっさりとしたラストが好き。観終わった直後は全く気にならなかったが、この映画って、結局あのヴァイオリニストの事情は何も明かされないままなんだよね。でも、人生ってそういうもの。この先老姉妹が、彼の事情を知ったり探ったりすることは決してないだろうから。そんなことより、彼と過ごした日々は、人生の1ページに大切に刻まれて、心の中で輝き続ける。いいなぁそういうの。

どうでもいいけど、現実のピアノマン騒動も、いい脚本で映画化されれば、かなりおもしろい作品になるんじゃないかと、ふと思う。もちろん、この映画とは全く違った方向で。

「黒猫・白猫」

すっかりエミール・クストリッツァ映画が自分の中で熱い今日この頃。観たかった「黒猫・白猫」('98年公開)のDVD、勢いで買っちゃった、買っちゃった。わーい。

んー、なんかすごいコメディでしたねえ。

**以下、ややネタバレ**

最初の方は、あんまりノレなかった。ジプシーの暮らしって馴染みがないし、おじさんがわらわら出てきて、みんな髭面のニコラス・ケイジに見えてきちゃうし。(←普通はそんなことないはず)

話の展開も、途中まではちょっとフラストレーションが溜まって素直に笑えない。DVDのあらすじ紹介なんかを読むと、石油列車の強奪を目論む男の話みたいなんだけど、実際は、それが失敗した後に起こった政略結婚(?)をめぐるドタバタ劇がメイン。(まあ、この映画の場合、あらすじを紹介するのは難しいというか、あんまり意味がない気もするんだけど。)

借金が返せなくなった男は、息子をマフィアの妹と結婚させる約束をしてしまい、そこから物語の中心は、強制結婚に巻き込まれる若い世代にシフトしていくのだが、誰が一番悲惨って、マフィアの妹。25歳になっても嫁に行かないのは不名誉だと、無理やり結婚させられるんだけど、今まで結婚できなかった理由が、「チビだから」(だからあだ名はテントウムシ)。ひでーよひでーよそんなの!!

でもね。結婚式当日になってから、話がどんどんおもしろくなっていった。映画的に、こんなに濃くっていいんでしょうか、という密度とハイテンションで最後まで突っ走る。テントウムシちゃんも、しっかり幸せになるんだねー。よかった。まるでシンデレラみたいに王子様に出会う展開。あの状況でシンデレラ!?とツッコミつつも、微笑ましい。

若い恋人たちは自由を求めて外の世界に出て行き、それを見送るのは人生経験豊かな年寄り世代。面倒を起こしたしょーもないおっさん世代も、相応のトホホな罰を受け、どこか哀愁が滲み出て…文句なしのハッピーエンド。結局この映画、大らかな愛の讃歌だったのね。

先日「ライフ・イズ・ミラクル」を観て、クストリッツァ作品から深刻な面がなくなったというか、ずいぶんマイルドになったなぁと思ったんだけど、すでにこの作品ではじけちゃってたんだ、と納得。今思えば、「アンダーグラウンド」、「黒猫・白猫」と来て、その折衷みたいに落ち着いたのが「ライフ・イズ・ミラクル」だったのかな。そういえば、元気な女の子が出てくるようになったのもこの作品からかもね。

個人的には「ライフ・イズ・ミラクル」の方が好きかなーと思いつつ、これはこれでハマってしまったので、これからもリピートして観たいと思う。1つの作品に収めるにはもったいないほど、絵になる素敵なシーンがたくさん出てくるんだ。ひまわり畑とか、アヒルの大群とか、宙吊りの死体とか…(死体が素敵っつーのはいかがなものかと思うけど。)ミュージックビデオ見ながら踊り狂うヒロインもかわいかったし、テントウムシの脱走シーンもかわいかったし、もちろん、タイトルキャラの猫たちもかわいかった。ああでも、マイベストシーンは、廃車を貪り食うブタ!

あと、主題歌が最高でクセになる。この曲のミュージッククリップ、「SUPER 8」のDVDに収録されてたから、あっちも欲しくなってきた。この映画を観て、クストリッツァの息子が女装してた意味がやっとわかったし(笑)

そういえば、「SUPER 8」を観た時、今までのクストリッツァ映画の音楽はすべてノー・スモーキング・オーケストラが担当してたんだと勘違いしてしまったんだけど、「黒猫・白猫」からだったみたい。でも、「アンダーグラウンド」('95年)にもノー・スモーキングのボーカルのDr.ネレがカメオ出演していたらしいし、この頃から無関係ではないのか?素人にはわかりません…。

さらにDr.ネレ、「ライフ・イズ・ミラクル」ではどのシーンに出演したの?なんて思っていたけど、主人公の奥さんと駆け落ちするハンガリー人の役だったそうで。どのシーンどころか、思いっきり出まくりだったじゃん…。どうせ私の観察力なんてそんなもんです。とはいうものの、「SUPER 8」のミュージッククリップのネレは異常に格好良かったのに、あのハンガリー人役にちっとも惹かれなかったのはどういうわけか?と思って、最近の彼の写真を見たところ、なんか、印象が別人みたいになってました…。数年の間に、顔回り、お腹回り、肉付きがよくなって普通のおじさん化してしまったような…気のせいか?映像で確かめたいね、こりゃ。ヨーロッパではノー・スモーキングのツアーDVD“ライヴ・イズ・ア・ミラクル”が出るそうだけど、日本じゃ無理だよねきっと。

とりあえず「ライフ・イズ・ミラクル」、早くDVD化されないかなー。

ミニアンケート:9月

9月といえば「動物愛護週間」があったっけ。というわけでトップページのミニアンケートは、“飼ってみたいペットキャラ”。

ディズニーの世界では、小動物が“小さなお友だち”扱いされてたりするので、ペットの定義は微妙なんだけど。一応、明らかに飼われてない(ex.「ポカホンタス」のミーコ)とか、ペットというより相棒(ex.「アラジン」のアブーやイアーゴ)とか、養子(「きつねと猟犬」のトッド)、守り神(ex.「ムーラン」のムーシュー)、家畜(「美女と野獣」のフィリップ)、オハナ(「リロ&スティッチ」のスティッチ)、遺産相続者?(「おしゃれキャット」の皆様)等々、別の肩書きが相応しいキャラは適当に除外してみました。

残った候補を見ても、定番のワンコから、トラ、ヤギ、爬虫類、果ては謎の液体生物(笑)まで、けっこうバラエティ豊かなペットがいたのね。なんだか地味な取り合わせなのは、ペットという立場上、活躍が限られているから仕方ないということで…。ちなみに、名前だけですべてのキャラがわかった方、ディズニーキャラ通を自認してよろしいかと。

っていうか、そんな知られてないキャラの人気投票って意味あんのか…?(^^;