FC2ブログ

Storytellers Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La Radiolina

最近、家で流しっ放しにしているManu Chao(公式サイト)の“La Radiolina”。6年ぶりの新譜だそうで。なんかこの人って、時代を感じさせないというか、軽く超越してる感じだね。

ソロになってからのアルバムの中では一番好きかも。どちらかというと、マノ・ネグラの初期の頃の曲が好きだったので、久々にギターがギュイギュイいって疾走している感じがうれしいです。かといって、昔の作風に戻ったというわけではなく、マノ・ネグラとマヌ・チャオのいいとこどりミクスチャーとでもいうような。軽快に流れていく、捉えどころのない心地良さ。

マヌ・チャオの楽曲って、自分にとっては、入り込んで聴くというより、流しておいて身を任せて、気がついたら力が抜けてるみたいな感じ。アルバムに曲間がないのと、歌詞を聴き取ろうとしてないせいかな。何やらメッセージ性も強いんだろうなとは思うんだけど。そもそも言語的に(フランス語、スペイン語、ポルトガル語、英語…)8割は解らないしね、まあいっか、と流してしまう。

そんな自分でもさすがに気づくほど、今回のアルバムで際立っていたのはストレートなメッセージ。理解できる英語詞の部分だけでも、“Politik kills”とか、“Rainin in paradize”の内容。今どき目新しいメッセージではないけれど、極端にシンプルな英語詞がかえって鮮烈。この人、元々ポリティカルな面での活動も有名みたいだけど、ひどくなっていく一方の世界に、ここまではっきりと声を上げずにはいられなかったのかなと。個人的には、音楽や映画であからさまにポリティカルなものを感じると警戒してしまうんだけど、マヌ・チャオの場合は別だな。独善的な匂いやアジテーター気取ったところが全くないから。やっていることが、自分のイメージ売り込みとか、正当性の主張とかとは無縁のところからきてるっていうのが伝わってくるんだ。

音楽としても、そう。主張を伝えたいがために歌ってるんじゃなく、ただ、ギター抱えて歌うことが楽しくて仕方ないみたいな感じ。ジャンルとかルーツとかポリシーとかいったものに左右されない、自由な音。だから、エラソーな感じが微塵もないんだよね。何にも束縛されることのない、稀有な存在というか。

こういう人が活躍し続けていることを思っただけで、世の中捨てたもんじゃないかも、という気持ちになれます。


La RadiolinaLa Radiolina
(2007/09/04)
Manu Chao

スポンサーサイト

Jukebox

「街のあかり」の余韻に浸りつつ、映画館で購入したアキ・カウリスマキのサントラ集“Jukebox -Music In The Films Of Aki Kaurismaki”にどっぷり浸っています。このCDをかけただけで、部屋の空気が変わってしまうような。トータル・カウリスマキな世界。

デビュー作から最新作までのアキ・カウリスマキ映画で使用された音楽から、厳選された全46曲。編纂したのがアキの盟友とのことで、ツボを押さえたさすがの選曲です。“虹の彼方に”や“雪の降る街を”はもちろん、ジョー・ストラマーの歌う“Burning Lights”とか、赤軍楽団のおっちゃんの熱唱“Dark Eyes”とか、「ラヴィ・ド・ボエーム」に出てきた素敵に凄まじい前衛音楽まで入っていて、そこまでやりますか、と。

個人的に惜しいのは、ニッキー・テスコの歌う“Born to Be Wild”がなかったことくらいでしょうか。“Thru' the Wire”が入っていたのはうれしかったけど、これも歌ってるのはテスコじゃなくてレニグラボーイズかな?レニグラといえば、おなじみ第49集団農場の“Ballad of The Leningrad Cowboys”と、「モーゼに会う」の迷曲“Nolo tengo dinares”が入ってるのが良いですね。テキーラでやさぐれたメキシコ部が好きです。

レニグラと並んで、アキの映画でよく使われている(大抵ろくでもない場面で流れる)メルローズの曲も収録。「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」の時は、やさ男風の兄ちゃんが今どきないだろってノリで激しく歌っていたのが微妙な印象だったけど、そんな彼らも「街のあかり」のライブシーンではなかなか骨太な感じになっていて、おお、と思いました。

それにしても、これだけ幅の広い音楽を起用していながら、全曲しっかりスマキ色に染まってるのがすごいなと。どの曲も、渋くて脱力でヘタレな感じがする。聴いてる方にも無口無表情が伝染してくるような。というわけで、感想もいつもの自分より若干短めです。

マッティ・ペロンパーを気取ってひたすらウォッカを煽りながら聴くもよし、ベッドに入った後に聴きながらカティ・オウティネンの気分で眠りにつくもよし。

Super Taranta!

Gogol Bordelloの最新アルバム“Super Taranta!”聴いてます。

ノースモとGogolの新譜が続けて来るなんて、まるで盆と正月と葬式と結婚式がいっぺんにやって来るような騒ぎ!と、期待していたんだけど…今回のGogol Bordelloは…うーん…イマイチ?

この一言を言いたくなくて、慣れれば気に入るかもしれない、と繰り返し聴いてるんだけど。んー。残念ながら、あんまり好きになれんわ。初期のアルバムよりはいいと思うけど、最近の“East Infection”、“Gypsy Punks: Underdog World Strike”と比べると、ピンとくるものがない。曲調は大体変わらないし、アグレッシヴさにおいては前2作を上回っているかもしれないし、悪くないと思う。なのに聴き終わった後、耳に残るものがないんだよね。一番心に残った曲が“East Infection”の収録曲のアレンジっつーのは、なんかマズイのではないかと。(しかも原曲のがずっと良かった。)

今までと曲調が違うなら、彼らの方向性が自分のテイストには合わなくなってきたんだな、ということで納得もできるんだけど、聴いてる限りそんな感じでもなく。これって、酷な言い方をするとマンネリ?という気も。なんだか全て、毎度おなじみのヒステリックなサウンドにのせてユージーン・ハッツが暑苦しくぎゃーぎゃー叫んでるだけに聞こえてしまうんだよね。タランタランタ歌われても何かが足らん!と、思わずベタなオヤジギャグのひとつも出てしまうというもの。どこかハジけ足らんというか…だって今回、踊りたくなる曲が1曲もなかったんだもの!(←個人的に致命的らしい。)

歌詞もねぇ。元々、一本調子なところがあんまり好きじゃないと前に書いた気がするけれど、今回はその傾向が一層顕著で、ノレないんだよね。ハッツの言いたいことは解るし、まあ真っ当だとも思うけど。WE vs THEM みたいな図式、そろそろ卒業してもいいんじゃねーかと。結局、THEYを批判することで“こうして反抗しているUS/MEの正当性”に落ち着いてしまうのは、なんかちっちゃい感じがするんだよね。こういうピュアな反抗心に共感できるには、私の気持ちが年を取りすぎているだけかもしれないけどさ。引き合いに出すのもアレだけど、似たような境遇でも、ハッツのお友だちKultur Shockのジノさんなんかはその点、大人だなと思うのだ。ハッツだと“I don't read the Bible!”になるところを、“God is busy, may I help you?”だもん。このくらいでっかく構えてるのが愉快な大人だよね。

なんか思いもよらずハッツ批判みたいな口調になってしまったけど、こればっかりは元々の好みの問題かもなぁ。まあ、楽曲に関しては、今までが完全にツボにはまってた分、今回は期待が高すぎたということで。初めて聴くのがこのアルバムだったら、普通にこれイイねと言ってたのかも。とはいえ、これから初めてGogolを聴く場合には、これより“Gypsy Punks”の方が断然お薦め。

ちなみに今回のアルバム、全曲Gogol BordelloのMYSPACEで試聴できます。

しかし、今回最もインパクト大なのはジャケットの色。画像だとおとなしい黄緑色に見えるけど、実際はこの世のものとは思えないような、心臓に悪いほどドギツイ蛍光色っす。実物をお見せできないのが、残念です…。


Super Taranta! Super Taranta!
Gogol Bordello (2007/07/10)
Sugar Daddy

Time of the Gypsies

大体、リメイクっていうとそれだけでネタ切れですか?と思ってしまうのは、昨今の映画産業を見れば無理もないことかと。だから、エミール・クストリッツァが若い頃の傑作「ジプシーのとき」(Dom za vesanje:1988年ユーゴ)を自らリメイクするという話を聞いた時は、正直あんまり嬉しくなかったんだよね。ついにこの人まで…と。

そもそも「ジプシーのとき」っていうのは、なぜか日本でDVD化されていないので廃盤のビデオをレンタルして観たんだけど、いろいろあってクストリッツァがブチ切れる以前のわりと真っ当な作風で、貧困や人身売買の問題を背景に、貧しいジプシーの少年の悲恋と彼が巻き込まれていくゴッドファーザー的マフィアの世界を描いた悲劇。非常に重たい内容でありながら、ユーモアが効いていて、それでも最後は号泣させられるという名作で、今更どこに手を加える余地があるの?と疑問に思ったわけですが…

そこはエミール御大。リメイク版は映画ではなく、ノー・スモーキング・オーケストラによる前代未聞、全編ロマ語の“パンクオペラ”というから度肝を抜いてくれました。だってパンクオペラだよ?なんだか意味分かんないけど、そのトンデモな匂いだけで誰も文句言えませんわ。しかも、初演はオペラ・バスティーユ。こんな冗談みたいな企画をここまで壮大なスケールで敢行できるのは、世界広しと言えども“エミールとゆかいななかまたち”だけ!御大やりたい放題だな。

と、憎まれ口を叩くのも、実を言うとわたくし血迷ってはるばるフランスに観に行くつもりでチケットまで手配したのに、職場で休暇が認められず断念させられて、ひどくご機嫌斜めなんですのよ。だから、今回のオペラのサウンドトラック“Time of the Gypsies”も、複雑な気持ちで買ったんだよね。今頃は生で観れたはずなのに、CDだけ聴いても余計にフラストレーション溜まりそうじゃん。そうはいっても、ノー・スモーキング・オーケストラの約1年半ぶりのアルバム。聴かずに我慢できるわけもない。

しかも、今回の“なかまたち”は一味違う。数十人の交響楽団やら女性コーラスグループやらを従えて、無駄にスケールアップしたド迫力編成。それはちょうど、レニングラード・カウボーイズが赤軍楽団と手を組んだかのような。トータル・バラライカ・ショーですか。そんな皆さんのご様子はこんな感じ。なんだかメルヒェンの世界です。この人たち、もう二度と普通のロックバンドには戻れんだろうな…。

というわけで、初めっからトンデモくるぞくるぞ~と半分怖いもの聴きたさ?で手にしたCDですが、ええええええ、なんかこれ…すんごいね。

いつもながら、こちらの予想を遥かに超えるものすごさ。ハマる人しかハマらない、そしてうかつにハマると抜けられなくなるノースモワールド。今回はジプシーミュージックをベースに、作品の舞台がミラノなのでイッタリアーノな歌劇風、ついでにタンゴ・アールゲンティーノ!テンコ盛りのsvetska muzika (=world music)に襲われて、体が勝手に踊っちゃっておまけに鼻血が出てしょうがない。こんなの人前じゃ絶対聴けまへん。そういえば、 強烈にゴキゲンな“Evropa” という曲に聴き覚えがあるなーと思ったら、やはり私的ご贔屓バンドKultur Shockの“How to Fucc Songs & Irritate Musicians”というトンデモソングと同じ旋律だったので嬉しくなりました。(パクリじゃなくて、同じ伝統曲を採り入れているという意味。)さすが同郷。

そして、ミュージカルナンバーのすんばらしいこと。それはもう、アラン・メンケンばりに良きミュージカルとはこうあるべし、を実践していてすんばらしい。若干トチ狂ったメンケンかもしれませんが。歌詞がまたすんばらしい。主題は重たいのにノリはアホ。潔くていいですね。キャスト(歌い手)も皆、強力ですよー。歌だけでこんなにキャラ濃いいってどういうことでしょうか。ねえデヤンさん。

聞くところによると、演出もすんばらしくヤバそうです。人間やセットが宙に浮くわ、ジャグラーやらアクロバットやら、本物の犬とかガチョウの群れまで出てくるわ。打倒シルク・ドゥ・ソレイユ!と、御大が言ったかどうかは知りませんが、それはオペラじゃなくてサーカスです。なんでもパリではバカウケで、連日スタンディングオベーションなんだってさー。ちぇー行きたかった。


Time of the Gypsies Time of the Gypsies
Original Soundtrack (2007/06/26)
Universal/Decca

Vtoroi Magadanskji

Leningradのリードボーカル、シュヌルことセルゲイ・シュヌロフのソロアルバム“Vtoroi Magadanskji”を聴いてます。iTunesだとアーティスト名がLeningradになってるんだけど、確かシュヌルのソロプロジェクトのはず。(この人たちに関しては、情報入手が難しくてどうもはっきりしたことが言えない…)

これがLeningradと同じサウンドだったら、やっぱり15人も要らんのでは?(というかあとの14人の立場は?)という話になってしまうが、だいぶ違ったので余計なお世話ながらほっとしました。ブラス楽器ほとんどなし、サックスとアコーディオンがメイン。これがねー、Leningrad的ブンスカとは別の意味でイイのですわ。どっかヌケた感じとか。マッタリしてるようで血が騒ぐ、明るい哀愁音楽。かなりツボ。

iTunesでは単独アルバム扱いなんだけど、どうやらLeningradの最新アルバム“Hleb”のオマケ的な作品だったらしく、短いのが玉にキズ。30分くらいしかなくてちょっと物足りない。それにしても、これだけ幅のある音楽ができるって器用なんだなぁ。

シュヌルさんはフロントマンとしてはいまひとつ華がなさそうというか、ベーシストからリードボーカルに転身したとかいうのがなんか納得できる感じの(ベースに対する勝手なイメージだけど)、その辺にいそうな普通のおじさんに見えるんですが、ロシアでは人気者だそうです。実は俳優とかTVの司会なんかもしてるやり手。映画音楽を手がけてるのでも有名らしく、それもローカル色のあるようなのじゃなくてベタなアクション映画だったりするからなんか不思議。アングラ系の人かと思ってたんだけどな。声はかなり好きな感じです。Gogol Bordelloのユージーン・ハッツがウォッカ飲み過ぎたらこんなかな。最近ようやく気づいたけど、しゃがれ声&巻き舌にヨワイです自分。

そういえば、Gogol Bordelloって今月の来日ドタキャンしてたんか…。パスポート切れとは…無念。

Dlya Millionov

Leningradってバンドの曲を聴いてます。

レニングラードといっても、カウボーイズに非ず。ペンギンブーツも履いてないし、頭も尖ってません。まあ、大所帯ってところは共通だけど。こちらは15人編成のロシアのスカバンド。15人も必要なのか問いたくなるのはともかく(だってねえ、マラカスだけやってる人とか、ねえ…)、昨年の個人的ヒット映画「僕の大事なコレクション」のサントラに参加してたので知りました。イライジャ・ウッドがイモ落とすシーンとかで流れてた、確か。個人的には、物悲しくって困っちゃうサントラの中で救いになっていたのが、このLeningradのブンスカ音楽。踊れるんだよねぇ。この手のご多分にもれずオパーとか言ってて。

で、彼らの他の曲も聴いてみたくなって調べてみると、公式サイトがロシア語ドイツ語のみ…わっかんねー。アルバムも、各国版があるせいかやたらたくさん出てはいるけど、正直何を聴けばいいのかわかんなくて、とりあえず、最新と思われる2005年リリースの“Hleb”っていうのを購入。そしたら、なんか期待してたのと違うのよこれが。ミクスチャーには違いないんだろうけど、ラップとかの要素が強くて、あの哀愁のブンスカはどこへ!?オッパーはどこへ!?と。

そんなわけでしばらくLeningradには関心がなくなってしまったんだけど、ふと考えてみると、「僕コレ」のサントラで使われた曲は99年のアルバムに収録されてるもの。初期のアルバムの方が自分好みなんじゃん?で、性懲りもなく購入。ただし、簡単に入手できるアルバムは一番古いもので2003年の“Dlya Millionov”だったんだけど。こちらがまだスカ重視の曲が多くて、なかなかに自分好み。オパーも出てくる。(ちなみに、それ以前のアルバムはロシア語公式サイトで試聴、相当に自分好み路線。)

好みといっても、ベタな曲調がなぜかツボにはまる時とドン引きになる時があるんだけど、まあいいや。なんか初期のGogol Bordelloみたいなダサさというかなんというか、聴いてて時々遠くに感じるんだけど、最近、ある程度の距離感というのもそれはそれでいいと思えるようになって。ところにより踊ります。というわけで、「僕コレ」でLeningradを気に入ったら“Hleb”じゃなくて“Dlya Millionov”を聴くべし。

アルバム毎に全然違うジャンルを平気でやる傾向って、この辺の人たちにわりと共通しているような。そういえば、そっちの方面のどなたか忘れたが(こういうことを言いそうなのはKultur Shockのジノ氏あたりな気がするが)誰かが言ってたけど、音楽をジャンルで分けるっていうこと自体が商業的発想から生まれたものなので、かつての東側ではそういう概念が存在しなかったとか。ふーん、そんなものかもね。

このLeningradって、ロシアでは超メジャーらしくて欧米にも進出してるんだけど、モスクワではライブ禁止令出されてるらしいです。なんでも、言葉が汚すぎるんだって…。と言われても、ロシア語解らないからねぇ。メッセージ性が強いと言われてる“Hleb”の良さがわからないのも、歌詞が解らないせいだなきっと。彼らが使ってるMAT(ロシア語のスラング形態)って、ラップとかに通じるものだと思うけど、イメージ的に英語のswearwordsなんかよりもっと汚そうな気が。知らずに口ずさんでると、とんでもないこと口にしてたり。


Amazon.co.jpには“Hleb”しかありません…
Hleb Hleb
Leningrad (2006/07/03)
Eastblok

From Heaven into Hell

Gogol Bordelloがついに来日するみたいですね。Flogging Mollyのお供だそうで。ついでにお友だちのKultur Shockあたりも連れてきてくれたらいいのにー。(知らなかったけど、ジノさんとユージーン・ハッツが仲いいらしい。)

さて、今日の話はそんな人たちとは関係ないけれど、ジャンル不明であることには変わらないRevelling Crooksっていう人たちのアルバム“From Heaven into Hell”。ジャケットには“クレズマー・カントリー・バルカン・フォーク”とありますが、この時点でよーわかりません。裏面には“ルーツ音楽とパンク、スカ、ロックの融合”などと、どこかで聞いたことあるような、この手の素性のわからん音楽にありがちなことが書いてありますが、その言葉からイメージするものとは結構違ったよ。

なんつーか、ひょろひろほろーっとした音なんですね。力抜けそうな感じで。ボーカルとかも、腹から声出してないやろ、という感じが新鮮です。普段暑っ苦しいのばっか聴いてるからね。たまにはこんなのも。なんか、古い街の広場の片隅で、曇天の下、へらへら笑いながら演奏してそうなイメージ。

公式サイトがドイツ語で読めないもんで、バックグラウンドは全くわからないけど、わりと生真面目にルーツ音楽と付き合ってる人たちとお見受けしました。生楽器ばかりの8人編成。ジプシー、アイリッシュ、バルカン、カントリー、マカロニウエスタンとひと通りこなしてるけど、あまりハイブリッド的なことは考えてない気がする。一曲一曲、几帳面に解説をつけているあたりに、お育ちの良さそうな雰囲気が漂ってます。

頼りなさげな音なのに踊れるところがまたいいんですね。特に、私はアイリッシュって苦手だと思ってたんですが(ポーグスとか。Flogging Mollyもそうか。)この人たちのはツボにはまったな。薄くて軽い感じがかえっていいんでしょうか。薄いけど、噛めば噛むほど味が出てくるみたいなところがクセになりそう。アレンジもうまい。「黒猫・白猫」の“テントウムシ”のカバーとかもしてますが、非常に楽しいです。

なんかドイツビールが飲みたい…。


From Heaven into Hell From Heaven into Hell
Revelling Crooks (2006/04/16)
Weltwunder

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。